居酒屋で

ここでは、居酒屋で に関する情報を紹介しています。
最後の一個のシューマイに、坊主頭Fが残っていたカラシを全部塗りつけた。
ちょいとしたデコレーションぐらいの量だ。

「これを誰が食べるか決めよう」

塗ったのだからてめえが食え、と思うのだが、そうはならないのが居酒屋のカウンターだ。

「それはやっぱりこみやんだろう」

まったく理由もなく私を名指ししたのは、スキンヘッド4号だ。
カウンターに残った三人が食べたくない刺激物のなすり合いだ。

F「じゃんけんだ」

4「こみやんは最初はグーな」

私「こみやんは、ってのはどういう意味や」

三人ともが何かズルをしようと考えているものだから、なかなか勝負が始まらない。
もう間もなく閉店時間、おそらくサッサと片づけたいKちゃんが提案した。

「私があみだくじ作ったろ」

Fが左を選んだ。
私が真ん中を選び、線を一本足した。
開けてみると、大当たりは空欄、つまり4号だ。

「おまえがいらん線を足すからや!」

頭をペチンと叩かれた。
でも、これを食べさせられるよりはいい。
4号はグズグズ言ってなかなか食べようとしない。
すると、Fが、

「やっぱりオレが食う」

とシューマイをつかんで食いついた。

「それはいかん」

と4号が、Fの口からそれを奪って一口で食べた。
Fの上唇にはべっとりとカラシが残っている。
「辛い辛い」と騒ぐ4号と「痛い痛い」と騒ぐFに大笑いする私。
一人だけずるいと二人が騒ぐ。

「チーズのお菓子作ったろか?」

と勧めたのは女将さんだ。
これは、6枚並べたクラッカーの上にとろけるチーズを乗せてオーブンで焼いたものだ。
このチーズの下にカラシを隠して『ロシアンチーズのお菓子』を作ってくれようというのだ。

最初に4号が端っこのを食べてセーフ。
次に隣のを食べたFが大当たりで悶絶。
女将さんはにこやかな人だが加減を知らない。
Fは酔っていたので、あんなにこんもりしてたのを選んで当たった。

「こうなったらあんたも食べろ!」

業務用チューブのカラシをチーズの上に4号が出す。

「このカラシはわざわざ取り寄せている辛いカラシやよ」

女将さんがそんなことを言うから興味を持ってしまった。
ええい、食ってしまえ。

ぎゃー! 確かにこいつは辛い。
それが舌の上で粒子のざらつきを感じるほど。
そんな私を見てゲラゲラ笑う4号。

ええいお前をこれを食え。
私はチーズのお菓子にタバスコをふりかけた。

ぎゃー!
悶絶する4号。
笑いすぎて涙が出てきた。

ぎゃー!
タバスコの付いた手で涙を拭いてしまった。

大騒ぎの三人はこの季節の深夜だというのに汗まみれだ。
水をがぶ飲みして、チョコレートをもらって食べた。
ああおもしろい。
最後にFがこう言った。

「女将さん、そのカラシ、ボトルキープ」





↑その後とぼとぼと歩いて帰る道の寒かったことときたらクリックしてね。






うんこもよく踏む
スポンサーサイト
いつもの居酒屋にMえのお母さんがやってくることになった。
私は面識がなかったのだが、Mえがいらんことを伝えていることは知っている。
『ギュッとされるカード』のことだとか触られただとか、あることないこと言っちゃうのだ。
ちなみに触られたというのは、マッサージのことだ。
だからお母さんに私の評判はとても悪いと考えられる。

その日は土曜日だったので、店にダイコンを届けに行く日だった。
できれば顔を合わせたくないと思っていたのだが、Mえが絶対居ろと言う。
なので、ご機嫌窺いのプリンを買ってきて、ちらりとだけ対面を果たした。
私はドキドキしてたのだが、Mえはニヤニヤ、お母さんは全く平静だった。

Mえがしゃべったのだろう、妹からLINEが来て、
「お母さんの感想は?」と訊ねられた。
私は素直に「ワイルドな人」と答えた。
Mえの妹はからの返事は「正解」だった。


後日、いつもの居酒屋で、妹に感想を聞かれたことをMえに話した。
するとMえが考え始めた。

「え~と、ワイルドって言うか、あの~、こういうのなんていうんやっけ?」

何か言いたい単語があるのに思い出せないらしい。

「んーとな、なんかふさわしい単語があったんやけどな~」

せめてひらがなかカタカナかぐらい教えてくれんか。

「そんなん知らん」

そんな言い草があるか。

「あーん、ここまで出とるのに」

と言って指差したのがこめかみ。
そこまで出とるなら口から出せ。

「なんかな、仲良しみたいなこと」

坊主頭Fが何か単語を言ったが違うという。

「えーとな、友達みたいなこと」

ひょっとして『フレンドリー』か?
私が言うとMえが満面の笑顔になった。

「そう、それ!」

フレンドリーが正解だったらしい。

「ウチのお母さん、フレンドリーじゃないの!」

じゃない単語を思い出しとったんかい!

やめさせてもらうわ。






↑スッキリした人はクリックしてね。





やっと出た
なんだこの地獄のような寒さは。
と思いながら家を出る。
地獄のような寒さなのに、いつもの居酒屋には常連がいっぱいだった。
そして口々に「地獄のような寒さやな」と言い合っているのだ。

居酒屋に入ってしまうと暖かい。
体の外から暖房が、内側からお酒が温める。
だから、一旦居酒屋に入ってしまうと出ていきにくい。
それでもひとりふたりとお客は減っていく。

ある人が帰っていくとき、
「おい、雪が散っとるで」と言っていた。
その後、人が入口を開けるたびに新情報が入ってくる。

「よう降ってきたで」
「吹雪いとるで」
「何やら白うなってきたで」
「積もっとるで」

これを聞いて、Aりは帰り道を心配し、Mえはテンションが上がる。
私も外の様子を見に行ってビックリした。
本当に手でつかめるほどの雪が積もっているではないか。

あっ、冷たっ、Mえが雪玉をぶつけてきた。
仕返しだ、えいっ。
やーいへたくそ。
1号も巻き添えにしてやれ。

ゼェゼェゼェ……
雪合戦はほんの数分で息が切れるハードなスポーツだ。
この状況を見て家の遠いAりには早めに帰ってもらうことになった。
この状況とははしゃぐ三人ではなく、雪合戦ができるぐらいの道路の雪だ。


残っていたお客さんが帰り、私と1号だけになった。
閉店時間にはまだ間があるが、お客が来る気配もないので早じまいすることになった。
するとMえが、

「雪だるま作ろう」

何で乗っちゃったんだろう。
店の前で雪玉を転がし、薄い雪をくっつけていく。
しかしなかなか大きくならず形もいびつだ。
Mえの方も割れたあられみたいなものを転がしている。
これ以上やっていてもやっていても埒が明かないから合体だ。

ホラー

邪悪な雪だるまができた。
もっと邪悪なMえが「これを女将さんの車に乗せとこう」と囁く。
そいつは面白い、実行しよう。
私は雪だるまを抱え、女将さんの車の上に……

すてーん!

ここしばらくニュースでよく聞いた“転倒”というやつだ。
放り投げてしまった雪だるまはこっぱみじん。
Mえはゲラゲラ笑いながら、走って店に告げ口に行った。

青春。





↑やっぱり雪にはコーフンするのでクリックしてね。






パニック
まず、カラオケで私がMえの太ももを触っていたというのは濡れ衣だ。
あの日、歌う番を待っている私の隣にミニスカートのMえが来た。

「見て、ここ破れとるの」

指差したのは膝の上、確かにストッキングだかタイツだかに穴が開いている。
私は「どれどれ」と言ってそこをなでなでする。
するとMえが「あー、こみが触っとるー」と叫ぶ。

断わっておくがこれはこういうパターンなのだ。
次にいつもの居酒屋に行ったとき、Mえが「こみに触られた」と訴え、
みんなに「チカン」「へんたい」「スケベ」と罵られ、
私が「なんでやねーん、アレはMえが~」とやり返すのだ。


だからもちろん、私がモスバーガーでMえを脱がしたというのも濡れ衣だ。
あれはある日の居酒屋閉店後、Mえがオニオンリングを食べたいと言い出した。
私は帰りたかったのだが、その時店にいた4人で行った。
Mえは私を帰らさないために、私のリュックを人質にとっていた。

食後、Mえたちは居酒屋の方に戻ろうとするが、私の家は反対方向だ。
なのに私のリュックはまだMえが背負っている。
取り返そうとするがMえが逆らうので、Mえの上着ごと脱がすふりをした。
これが「こみに脱がされた~」の真相だ。

次にいつもの居酒屋に行ったとき、Mえが「こみに脱がされた」と訴え、
みんなに「チカン」「へんたい」「スケベ」と罵られ、
私が「なんでやねーん、アレはMえが~」とやり返した。


当然、先日坊主頭Fの家に行ったとき、Mえの背中をめくったというのも濡れ衣なのだ。
あの時はMえが突然「腰揉んで」と言ってうつぶせになった。
私は腰を揉み始めたのだが、Mえの着ているものがペラペラの二枚で、
これがやたらめくれてくるので、素肌を直に揉んでいた。
それだけのことだ。

ただ、ここまで読んだ人はなんと思うだろう。
カラオケでは実際にナデナデしているし、モスでは脱がそうとしたし、
F家では生肌に触っているではないか、というかもしれない。
でも、一つだけ覚えておいてもらいたいことがある。
Mえは一度たりとも「いやだ」とか「やめて」と言った事はないのだ。

F家のときなど、某客に「写真撮って」などと求めていた。
余計に背中をめくって、某客がスマホを用意するのを待ったりしてた。
だから私に言わせれば、Mえの方がよほどヘンタイだ。
それを私が説明しても、決して誰も受け入れない。
あくまで私はいじられる役だ。

ただし、私はこれを嫌がっているわけではない。
この年で若い女子とふざけていられるなんてステキな話ではないか。
読者に引かれそうなこんな話題を更新したのは、
老後にこのブログを読み返した時、思い出してニヤニヤしたかったからだ。
それが一番ヘンタイか?





↑えへ、クリックしてね。






戻って来られるのか
なんだかすごく眠かった。
だから、まっすぐ家に帰った。
ホットカーペットをつけて、毛布を掛けて寝た。
タイマーは7時まで。
それから起きて、いつもの居酒屋にでかけた。

坊主頭F、スキンヘッド1号、私、某客の順に座っていた。
10時半、その一番端にMえが座った。
早番が終ったのだ。
みんなドキドキしている。
Mえが言った。

「どこ行こ?」

1号は帰って行った。
一番近いFの家に行くことになった。
Fは先に帰った。
あとの三人でスーパーに行った。
お菓子やアイスクリーム、チューハイなどを買ってFの家に向かう。

Fは、いわば潔癖症タイプだ。
散らかったり汚れたりすることをとても嫌う。
そこへお菓子を持った私たちが参上だ。
某は酔っ払っているし、Mえはハイテンションだ。¥

「やめろー、おちつけー」
と叫ぶFをしり目に、某とMえが騒ぐ騒ぐ。
某がチューハイをこぼす。
Fが怒る。
某がニヤニヤする。

某がアイスクリームを食う。
Fがヒヤヒヤする。
某がアイスクリームのコーティングのチョコレートを落とす。
それを踏んで歩き回る。

F、某を張り倒し、靴下を脱がせる。
某の靴下を洗濯機に入れ、自分の靴下を与える。
Mえ、私に腰をもませる。
全員が靴下を脱ぎMえに嗅がせる。

二階のオーディオルームに移動し、爆音でヘビーメタルを聴く。
某、撃沈。
放置して三人で家を出る。
Fは牛丼屋に降ろす。
私は家に送ってもらう。
3時前。

仮眠しておいてよかった。






↑眠いよークリックしてね。





よく頑張った