FC2ブログ

カレンダー

ここでは、カレンダー に関する情報を紹介しています。
棚卸しはほぼコンピューター入力だけとなっていたので女子に任せ、
その代りに私は店の模様替えを申し付けられた。
夏の飾りを秋の飾りに取り換え、もみじのイラストをガラスに貼ったりしていた。
午後になって、値上げの値段票作りを言われ、
小さなカードをビックリするくらい細かく分類させられた。

終わったのはもう5時過ぎだったが、それでも普段より20分早い。
実家の買い物に行くことにした。
電話をしたら私に任せるということだったので、
経験と実績で品物を選びそこそこの買物をして実家に行った。
これで気分軽やかにみそか寄席に行ける。

昨日のゲストは、みそか寄席では大御所の桂三象さんと桂宗助さん。
落語を三席のあとは、大喜利でホストの桂文我さんが2人をいじりまくり。
爆笑エピソードの数々を披露していただいた。


てなわけで本日はカレンダー。

毛より木が多い



木立の中のヨンホンゲとトケ井。
秋の気配が出ているだろうか。
それにしても、トケ井の居る位置がおかしい。
そして色は薄くなる。




↑翌日が休みだと思ってみそか寄席のあと夜更かししちゃったけどクリックしてね。
スポンサーサイト



やっとゴーヤが採れ始めた。
それもそのはず8月だ。
昨夜はみそか寄席に行ってきた。

まずは一門でも美人の誉れ高い露の紫さん。
言葉の丁寧すぎるお嫁さんがアホの家に嫁いでくる『延陽伯』
女性が演じるこのお嫁さん役がドラマを観るようにリアルだ。
扇子の使い方のセンスがいい。

いつもトリの桂文我さんが二番手。
世にも妙な噺『猿廻し』

トリは東京からの林家正雀さんで『火事息子』
淡々とした口調なのにいつもなぜだか引き込まれる。
大喜利では師匠である正蔵さんの懐かしいお話。
噺家のエピソードといえば、西の松鶴、東の正蔵だ。


てなわけでカレンダー。
8月はこんな絵。

下描き



これに数字を入れて『彩雲』という紙に印刷すれば、



完成


タイムトンネル…というイメージです。
はい、手抜きです。




↑あせもかゆくてもクリックしてね。




雨雨降れ降れ今日から七月。
カサをさしてみそか寄席に行ってきた。

開口一番、笑福亭生寿さんはなんだか顔が丸くなったみたい。
さては幸せか。
マクラがとても楽しかった。

二番手は講談の旭堂南海さん。
清水の次郎長のセリフや言い回しがかっこいい。
低い声に迫力がある。
知らぬ間に引き込まれてしまった。

締めはメインの桂文我さん。
マクラは最近お得意の政府への文句、是非直接言ってやってほしい。



てなわけで、カレンダー。

暑い


線をいっぱい引きました。
日付を見たら、手抜きがわかります。




↑カレンダーの更新だとしても寝すぎたのでクリックしてね。


南の方で梅雨のうわさ。
それもそのはず、もう6月だ。

てなわけで、昨夜はみそか寄席。
ゲストはイケメンの若手、林家染吉さん。
『あくび指南』は面白くてもつられてあくびが出てしまう。

二番手『星野屋』は初めて来演の月亭文都さん。
と思いきや、大喜利で19年ぶりの登場だと挨拶があり、
元月亭八天さんだと判明。
襲名されていたのね。

メインの桂文我さんは、私の大好きな『植木屋娘』
主人公の親父は落語の登場人物の中でも5本の指に入る『あほ』だと思う。


で、今日はカレンダー。
よく言えば、梅雨時にふさわしい、
悪くいえば、ベタなネタだ。

梅雨


なんでこんなに色が薄いのだろう。
スクリーントーンが縮小でチェック柄に見えるのはいいかも。
なにより日付がカレンダーらしくて見やすい。
それにしてもこの髪形は描きたくないなあ。





↑前線が迫ってきてるけどクリックしてね。

平成の最終日、もちろん私たちはみそか寄席だ。
改元の日の伊勢神宮となれば観光客が押し寄せることも予想できる。
田舎ゆえ、夜の楽しみもない町だ。
寄席があるならと来場者が増えることも考えられる。
少し早めに家を出ることにした。

これが正解。
普段なら整理券が一桁なのだが、20分ほど早く出て13番。
あとからあとからどんどん人がやってくる。
この混み具合は大御所来演の特番以来だ。

生の舞台、あるいは落語自体が初めてという人もいるだろう。
人が多ければ笑い声も大きくなって盛り上がる。
しかもゲストの桂福丸さん、笑福亭たまさんは大爆笑ネタだ。
ちなみにこのお二人、京都大学出身の超高学歴噺家だ。

そしてメインの桂文我さんは改元、伊勢神宮絡みで、神話の落語『古事記』だ。
実際は脇道、寄り道、遠回り、8割方が内容に無関係なほとんどマクラみたいな噺で大笑い。
そして最後の大喜利は、三人が上方落語協会の裏話で盛り上げてくれた。

終わった時間は普段より遅くなり、
帰り道コンビニで買い物をして出てきたところで改元だった。


てなわけでカレンダーだ。
うわーこれか。
どんなのだったか忘れていて、今見てショックを受けた。

みんなが令和だ令和だと騒いでいるときにこんなことを言ってるなんて、
一人だけ乗り遅れの間抜けみたいではないか。
令和になった途端、後悔の極みだ。


五月






↑今、伊勢神宮はすごい人らしいけどクリックしてね。