FC2ブログ

カレンダー

ここでは、カレンダー に関する情報を紹介しています。
9月は始まったが、まだまだ秋は始まらない。
みそか寄席も始まらない。
始まるのは、台風シーズンばかりなり。

本来なら、八月は東京から林家正雀師匠がおいでになって怪談というのが恒例だった。
しかしそれもお流れ。
もう何回とんだのだろう。
生の落語を聴いていないし、友人Fにも会っていない。


とにもかくにもカレンダーだ。


ゴンドラ9月


えーと、ベニスのゴンドラのつもりなのだが、地味だ。
本当はうっすら背景を描いていたのだが、余計にどこだかわからなくなり、
ごちゃごちゃするだけだったので省いてしまった。
それを数字でごまかそうとしたのが見え見えだ。

そうそう、いつも今ごろだ。
自分で描いた絵や文章を時間が経ってから見直してみると、
「なんじゃこりゃー」と赤面することがある。
考えてみたら、私のやってることは、

「一番赤面するのは何か月目でしょう」

という実験をやっているのと同じではないか。
結果は出た。
9カ月目だ。
なにしろ、夏は派手な絵が描けるから、特にそう思うのかもなあ。




↑文章まで地味でテンション低いけどクリックしてね。




スポンサーサイト



そうそう、7月のうちは「暑中見舞い」でいけるけど、
8月になったら「残暑見舞い」になるのではなかったか。
特にネタもないことだし、暑中を見舞う絵でごまかそう、と思ったのが昨日。
またややこしいことに、この7月末日に梅雨明けが重なった。
朝起きて外を見れば懐かしいほどの上天気だ。
そりゃ、花火のことを考えてしまうではないか。

紺の背景に色とりどりの点。
これで花火ができるはず、とは安易な考えだった。
たくさん描いていると徐々に作業が雑になり、点が線になってしまったり、
全体の形が歪んでしまったりするのだ。

だから途中で何度、点の打ち直しがあっただろうか。
あれは朝からやることではない。
なんでこんなことに手を出してしまったのだろうと悔やみながらの点々だ。

しかもうっかりしていたが、1日はカレンダーの日ではないか。
またもや忌まわしのコロナウィルスの影響でみそか寄席が中止になったので忘れていた。
2日連続お絵かき更新になってしまった。
いや、私の気持ち一つなのだが、ま、それでいいか、の気持ちなのだ。


てなわけでカレンダー。
箱庭風の狭い畑と、夏休みの宿題をイメージした感じ、かな。

八月


梅雨が明けたのはありがたいのだが、やはりカンカン照りだと畑作業は辛い。
畑を見るのも辛い。
だって草だらけになっているに違いないのだから。

今日は午前中に実家に行き、午後は草取りの予定。
明日は朝から畝を作り、ヘチマの苗を植え付ける。
かじぺたさん、種をありがとう。
5つのうち4つが発芽しました。




↑食用のヘチマらしいのでクリックしてね。



今日は店が大変らしい。
なんでもレジ袋が有料になるそうで、女子がうまくいくか心配だと言っていた。
そう、今日から7月なのだ。

まさか今年の前半がこんなことになるとは思わなかった。
なんといっても新型コロナ騒動。
そこへ親父の入院だ。
仕事・実家・居酒屋・ジムと、畑以外の私の生活は大きく変わってしまった。

そして今月も月末恒例『みそか寄席』は中止になった。
いっしょに行っていた友人Fとはもう3か月も会っていない。
いや、みそか寄席が三回抜けたのだから、4カ月会わないことになるだろう。

みそか寄席がなかったのなら夜更かしをしていない。
だったら普段通りの更新ができそうなものだが、そうはいかない。
出来上がっているものがあるのだ。
そんなわけでカレンダーだ。

が…


どっこいしょ


思いっきりオリンピックネタだ。
去年カレンダーを描いていた頃は、

「うわーい、来年はオリンピックイヤーだぞーい」

と世間は浮かれていたものだ。
私のカレンダーも、まず7月が決定した。
この月にオリンピック以外のネタがあり得るだろうか。
もはや迷いは「どの競技でやったろか」だけだったのだ。

で、なぜか選んだのがウェイトリフティング。
おそらく動きが少なくて、描きやすかったのだろう。
しかし、ここまでの流れを考えてみると、
オリンピックが日本の重荷になってしまってはいなかったか。
などとぼやく。




↑開会式の日が誕生日というのはけっこうな自慢だったんだけどクリックしてね。



朝から雨の日曜日。
残り半分の畑を耕すことはできないから、家でのんびりテレビを観ている。
お昼は冷たいきしめんだ。
コロナ騒動の初めの頃、非常用に買っておいた乾麺だ。

午後はちょいとお出かけをする。
リサイクルショップを覗いて、本屋とホームセンターに行った。
文庫本を3冊と、値引きになっていたサトイモの種イモを買った。
なんと980円が300円+税だ。

それもそのはず植え時が『3~5月』となっている。
明日から6月だから早く植えなければならない。
とはいえサトイモを植える予定のスペースは昨日施肥して耕したばかり。
なので帰宅してから、芽だしをするためポットに植えた。

ということは、5月の末日だ。
本当ならみそか寄席に行く日なのだ。
しかし、4月に引き続き、今回も中止。
6月1日からいろいろ解除になるようだが、みそか寄席は末日なのだ。


そんなわけでカレンダー。
ネタは自粛が解除されつつある水族館だ。
これを描いていた頃は、こんな事態になるなんて想像もしなかったなあ。

こんなグラデーションタイプのスクリーントーンがあるはずだとこの絵を描き、
それから買いに行って店で探したのだった。
一番苦労したのは、左側の泡をカッターナイフでくりぬいた作業だ。
本当は周りを暗くして、ヨンホンゲとトケ井に影をつけ、
夜の水族館にしたかったんだけど、インキ代が高くなるからやめたんだっけ。





クラゲの水槽





↑本当は日曜の夜に出かけるのはしんどいのでクリックしてね。



29日の昭和の日は朝から電気屋さんが来てくれた。
数年前から壁の飾りになっていたエアコンを新しいのに替えてくれるのだ。
私が手伝うことはないというので、畑の草取りに行く。

昼前に帰宅すると、じきに工事は終わり、冷凍チャーハンで昼食。
休憩後、午後はちづると二人で庭の草取りだ。
そこそこきれいになったので、家に入って録画したお笑いを観る。

30日はちづるは出勤だが私は休み。
朝から畑の草取りをして、実家に行こうと思っていたが、
当日になるとめんどくさくなってきた。
草取りは午後でいいんじゃないか。

が、昨日電気屋さんが来たから車の位置が変わっている。
私の車をどけないと、ちづるが出勤できない。
外に出るとなると着替えなければいけない。
ええい、だったら畑に行ってやれ。

で、テキトーに草を取ったら直で実家に行こうと思っていたのに、なんたる気温。
汗をかいたので結局一旦帰宅して、着換えて実家に行った。
買物、昼食を実家で済ませ、帰ってきたらまたすぐ着換え。
午後は草刈機で畑周りの草を刈るのだ。
あっ、これはいかん、草刈機の刃をホームセンターに買いに行かねば。

帰ってきたのは夕方だ。
着換えて録画してある番組を消費しよう。
私一人で観てしまっていいのは、落語だ。
そういえば、本当なら夜にはみそか寄席に行くはずだったのに。


そんなわけでカレンダー。
みそか寄席がなかったのだから普段通り更新できそうなものだけど、いやだ。
楽したい。
今日は出勤なので久しぶりに徒歩で行こうと思っている。
早く家を出ることになるので、早く更新して普段通りの仮眠時間を摂るのだ。

may


のん気な絵だ。
これを描いていた時に、まさかこんな世の中になっているとは想像もつかなかった。
そう考えると、ヤバい世界から逃避しているようにも見えるし、
彼らが悪いものを世の中にばらまいているようにも見える。

それにしても困ったなあ。
7月にはオリンピックの絵を描いちゃっているよ。




↑帰りに一杯やることもできないけどクリックしてね。