FC2ブログ

カレンダー

ここでは、カレンダー に関する情報を紹介しています。
2020年いぢわるカレンダーをご注文くださった皆さん。
昨日、やっとこさで発送しました。
なので近日中に届くと思います。
「おい、注文したのに届かんぞ」
と言う人はご連絡ください。

また、
「注文するの忘れとったわーい」
「やめとこと思ってたけど、やっぱりもらおかな~」
「初めてやけど、もろてみたれ」
という人も、まだ予備があるのでどうぞ。

     ※

カレンダーから解放されて気が緩んだのか、
ジムで普段と違うウォーキングマシンで張り切って疲れたのか、
そんなにたくさんお酒を飲んでないはずなのにうたた寝をしてしまった。


今年の私の目標は、
『よく噛んで食べる』と『必要ないお酒は飲まない』だ。
だからジムから帰って、刻みキャベツの上にサバの水煮をのっけてビールを飲んでいた。
これならよく噛むし、運動後の水分補給になる。
ビール1本で味ごはんを食べたら、不要なお酒を飲まないはずだ。

そこへ、会議で遅くなったちづるが帰ってきた。
私より遅くなるほどの会議なら食事が出たのかと思ったがまだだという。
となると、乾杯をしなくてはいけない。
私のビールはなくなっていたから、焼酎が必要になってしまった。


ホットカーペットで目が覚めたのは3時過ぎ。
あわててお風呂に入って寝床に潜り込んだが、今度はなかなか眠れない。
ウトウトしていると目覚ましが鳴った。

眠い、しんどい、休みたい。
ここまで文章を書いたが、絵を描きたくない。

そうだ、カレンダーがあるではないか。
世の中には、いぢわるカレンダーを注文はしないが公開を待っている人もいるはずだ。
いるかもしれない。
いてくれ。

という訳で、今日の絵は1月のカレンダーです。
実物を待っていて見たくない人は目を閉じて。






↑無精してすいませんねクリックしてね。




バッタモン
スポンサーサイト



正月ボケで忘れていたが、この月曜は成人の日でお休みではないか。
この時期の祭日はありがたい。
ただし、のんびりしてはいられない。
この三連休でなんとしてもカレンダーを完成させなければ。


土曜の午前中は実家に行き、1時過ぎに帰宅した。
ちづるは出勤なので家には誰もいない。
いたらジャマ、とは言わないが、やはり一人の方が集中できる。
あと一枚、10月の絵を決めなくては。

案はあったので下書き用の紙に描いてみる。
6回ほど描き直してようやく決まり、清書用の紙に描き移す。
鉛筆の下書きを消しゴムで消すのがいやなのでライトボードの上で重ねて清書する。
小さいヨンホンゲを描いてしまったので、その輪郭だけで5回も失敗する。
足つきレンズで拡大して描こうと思ったら、レンズがジャマでペンが使えない。

清書用の上質紙も6枚使ってしまった。
だいたい毎年カレンダー完成までに百枚以上の失敗が出る。
もちろんペンの色見や試し書きで何度も使うのだが、紙屋でよかった。
完成した清書をスキャンして保存。
これで13枚が決まった。


日曜日はひたすら色塗りと玉入れだ。
『玉』とはカレンダーの日付の数字のことだ。
表紙から3月までは完成していたので4月からだ。
幸い、と言うと怒られるが、ちづるはランチにお出かけだ。

色塗りでは今年から新技を使い始めた。
実はトケ井の緑と黄色に一番ふさわしいペンが、インキがドプドプ出る筆ペンなのだ。
だからちょっと塗ろうと思っても表面張力で盛り上がるほどになってしまう。
これをティッシュで吸い取ろうとすると必ず失敗する。
そこで、パレットにこのペンをニジニジしてインクを出し、筆でそれを塗ることにした。

玉入れは1センチ角のマス目を書いた紙を敷いて、ライトボードで透かして書く。
フリーハンドで書いていったら必ず後ろが詰まるか空くかになってしまうのだ。
特に注意しなければならないのが休日だ。
赤のペンに持ち替えるのをよく忘れる。

最初っから忘れていたら、あとで休日に印をつければいいが、
一回目を赤で書き、その次を忘れていると間違いがばれてしまう。
まあ、最近は気にしないことにしているが。

お昼は実家からもらってきた賞味期限の切れた年越しそばを食べた。
もちろん午後もひたすら作業だ。
夕方6時前にやっと完成し、スキャンして保存した。
今夜は祝宴だ。


朝の仮眠も昼寝もしなかったからだろうか。
ホットカーペットで 目覚めたのは4時半だった。






↑プリンターがちゃんと動きますようにクリックしてね。




一発で決めた
2020年いぢわるカレンダーできてないけど受付中。

     ※


そう、偉そうに受付をしているけど、まだできてないのだ。
年末に、去年の様子を読み直してみたら、やっぱり年を越していたので安心していた。
が、年を越してから去年の様子を見てみると、どうやら正月休み明けに発送したらしい。
今年は今日から出勤だが、まだ最後の絵も完成していない。
去年より遅れているのだ、おろおろ。

一番の原因はネタ切れだ。
年中行事はだいたい使いつくした。
思いついたネタはメモしてあり、そのストックはまだある。
ただ、それを完成させる画力がない。
私が描ける程度の絵を毎年13枚考えるのは難しい。

その上に私を悩ませるのがプリンターの不機嫌だ。
私は下描きと完成した絵をスキャンして保存する。
下描きは色塗りで失敗した時の保険に。
完成した絵はそれを毎月1日に公開するために。
だからスキャンができないと次に進めない。

これをプリンターがすんなり受け入れない。
パソコンのプリンターソフトを起動してスキャンスイッチを押すと、
『トラブルが発生したからスキャンできません』という警告が出る。
が、たまにちゃんと動くときがあるから具合が悪い。
昔のテレビみたいに叩きたくなってくる。


この原因が、昨日判明した。
『本体の電源を入れ直せ』とか『無線ランの電源が入ってないんちゃうか』という文字を見て、
ひょっとして電波が悪いんじゃないかと思い始めた。
パソコンに表示されている電波状態は半分ぐらいだ。

プリンターは私の部屋にある。
スキャンするには、コタツのパソコンを自分の部屋に持って行く必要がある。
これを逆にしてみた。
私の部屋のプリンターをコタツのある和室に運んで来て試してみた。

そしたらなんとブイブイスキャンして行くではないか。
私の部屋は無線ランから最も遠いところにある。
しかもプリンターは部屋の隅っこだ。
パソコンとプリンターをいくら近づけても、無線ランが繋がっていなくては接続できないはずだ。

表紙から3月までの完成した絵と8枚の下描きが一気にスキャンできた。
下描きを完成させるのは時間さえあればできる。
さて、あと一枚をどうしよう。






↑印刷の機嫌が心配だけどクリックしてね。




抜けやすい
いつまでもシクシクと違和感の残る右下腹だったが、最近やっと落ち着いてきた。
こないだジムでウォーキングや腹筋を復活させたのが良かったのかもしれない。
一時は「体内に入れたというネットがずれたのかもしれない」と心配していたが、
どうやらキッチリ納まっているようだ。

坊主頭Fにもらった自転車が、タイヤに空気を入れられなくて困っていた。
バルブを調べてみたら、私が知ってるのと違う形状だ。
途方に暮れていたら、ちづるの実家にアタッチメントが替えられる空気入れがあるという。
それを持ってきてもらったら、ちゃんと空気が入ってくれてよかったよかった。
不思議なのはアタッチメントを替えなかったのに空気が入ったことだ。
わが家にあった空気入れはなんなのだ。

わが家のオーブントースターは、買ってすぐにおかしくなっていた。
5分を過ぎると勝手に切れてしまい、冷めるまで復活しなかった。
だからトーストと焼きあげ以外ではほとんど使えなかったのだ。
が、なんぞのポイントが溜まったとかで、ちづるが新しいオーブントースターをもらってきた。
せっかくだから元旦に下ろすことにしよう。

ときどき不具合が起きるようになっていたパソコン。
それに代わってブログ更新できるようにと買ったタブレットが充電したまま放置されていた。
どれ、ちょいと起動してみようといじってみたが、電源が入らない。
説明書を見たら、不良品だったら2週間以内に言え、と書いてある。
しまった、早くいじってみるのだった、と慌てても後の祭り。
そんなことより、スタートが長押しならそれを説明書に書いとかんかい。


このように年末ギリギリになってなんやかんやが調子よくなってきた。
中でも一番うれしいのがプリンターだ。
去年の大みそかの記事を読むと描いたものをスキャンするのにとても苦労している。
それが昨日の初繋ぎでうまいこと行った。

という訳で、2020年いぢわるカレンダーの表紙!


2020年

いかにも楽をしようと考えた手抜きの表紙で内容がわかると思います。

では、堂々とコピペで内容説明を。
表紙+12ヶ月の13枚、A4サイズです。
手描きをコピーしただけなのでそんなレベルです。
製本はホームセンターで買った道具で手作業。
なので雑です。

絵は下手で、あちこち失敗しています。
日付はとても見にくいです。
休日の表記さえしてない月もあります。
加工しやすいように、紙は薄いです。
髪が薄いのではありません。


応募の条件。
住所から私の家を探さないこと。
お返しをしようと思わないこと。
製品にクレームをつけないこと。
精密に見ないこと。


応募方法。
過去に応募していただいた方は「よこせ」という意思表示だけで結構です。
初めての方、住所変更のあった方は、送り先を「管理者のみに通知」で教えてください。
先方の了承があれば、勤め先やなじみの店でもOKです。
住所の書かれたコメントは、確認後、消去させてもらいます。


この企画は、
「ワシのようなシロートが描いた絵が日本のあちこちに飾られるなんてユカイ」
という自己満足なので、初めての方、ロム専の方もどうぞ。
かといって、あんまり失礼な態度の方はお断りする場合もあります。
なにしろ数が作れないのでお一人様一部とさせていただきます。

もちろん、ネットの匿名性も大切だとわかっているので、
応募されないからといってすねたりしないのでご安心を。
中身は毎月公開していくので見ることはできるし、取り込んでもらっても結構です。

ちなみに、あとで作ったものほど、改善されてよくなったりします。
でも材料が無くなって、適当になったりもします。
こんなのでよかったらもらってください~




↑最初に思いついた表紙がギリギリでボツになったのでクリックしてね。

入院する日を決めるときに、ちづるに釘を刺されていたことがある。

「決して月をまたぐことなかれ」

入院が二カ月にまたがると、健康保険限度額適用を使うのに不都合があるし、
毎月恒例みそか寄席を休まなければならなくなるから、だそうだ。
その言いつけを守ったおかげで、会社復帰する前にみそか寄席に行くことになった。


開口一番は笑福亭呂好さんで、チョー汚い話『閑所板』
続いて東京から桂文治さんが、それを受けて『鈴ヶ森』をお下品にアレンジ。
この流れに乗ったホストの桂文我さんが、下品小噺オンパレードから『義眼』と『有馬小便』
今までもネタを合わせたような回はあったが、まさかのキタナ回になろうとは。

大喜利では文我さんと文治さんが東西師匠連の懐かし裏話。
これが生の落語会の醍醐味だ。
入門時のお話や、舞台でのしくじり談も大盛り上がりだった。


ってなわけでもう12月。
カレンダーをどうぞ。


暖まろう


ここ数日、急に冷え込んだからふさわしい絵だ。
でも、煙突が外に出ていくところを描いていながら壁感がないので宙に浮いているようだ。
窓と雪景色でも描けばいいのだろうけど、それをしくじる怖さに負けてしまった。
もっとちゃんと色も塗りたいものだ。

というような反省をしたくないなら今が重要。





↑明日から出勤でどんよりしてるんだけどクリックしてね。