カレンダー

ここでは、カレンダー に関する情報を紹介しています。
なんと気が付いたらもう五月だ。
あっ、ウソをついてしまった。
生まれて初めてのウソだ。

本当は、大長編スペクタクル大河スペシャル大ぼら話を展開したかったのだが、
昨夜のみそか寄席の大喜利は、なんと『森友学園問題を語る』だった。
これにはどんな大ウソもかなわない。

ではせっかくなので昨日聞いた面白い話をひとつ。
昨日来演した噺家さんの一人が、問題の小学校近くに住んでいるらしい。
現場は毎日すごい数の報道陣と野次馬が押し寄せている。
その中に大きなノボリを立てている人がいた。
読んでみたら『国有地大安売り』と書いてあったそうだ。
これはホントの話。


さて、てなわけで今日はカレンダー。
今日は久しぶりに下書きも載せちゃえ。

s-04月下書き


なんとカンタン、なんと雑。
これを色と背景とスクリーントーンでごまかそうという訳だ。
ちょっと拡大率の関係でカバンの柄がモワモワしてるけど気にせずに。

s-04月完成


新学期ということで学生カバンなのだ。
世の中が大きく変わるこの月。
我が社でも、他部門の応援に行っていたSちゃんが戻ってくる。
うれしいなあ。




↑『カレンダー』というカテゴリを作ったのでネタの移動が大変だわクリックしてね。

スポンサーサイト
つい最近、恵方巻でざわついたばかりのような気がするが、
もうお雛様をあちこちで見かけるようになった。
まるで二月は日にちが少ないかのように早く過ぎていった。
そんなわけで、昨日はみそか寄席だった。

みそか寄席と言えば、以前は座敷に小さい座布団が並べてあるだけだった。
ひざや腰が悪い人のために、端にいくつか低い椅子を置くようになったが、
どうやらそれが人気らしく、客席の後ろの方に椅子コーナーができた。
するとお客さんが椅子の取り合いになり、どんどん椅子が増えてきた。
昨日行ってみると、客席の半分ぐらいまで椅子が攻めてきている。

長い間座っているから、そりゃ椅子の方が楽だろう。
だが、私たちは一番前で座布団に座っている。
振り返ると、数人の座布団派の後ろに空席ができ、椅子席にはみっちり人がいる。
妙な人口分布になってしまった。

椅子派の人にしてみたら、椅子席がどんどん前に来るのだからうれしいだろう。
しかし、ここは昔の寄席の風情を楽しむコンセプトではなかったのか。
不便不自由な落語の時代を再現しているのではなかったのか。

それよりも、ちょっと高いところから後頭部を見られているのがいやだ。


そんなわけでカレンダーです。

質より数


はっきり言って、雑で申し訳ない絵だ。
どれどれ、今日の更新はどんなカレンダーだ?
と、自分でフォルダを開いてがっかりしたぐらいだ。

しかし、実はこの絵こそが今年度カレンダーの基本なのだ。
アイデアも何もなく、紙の中心にまずヨンホンゲを描いた。
ただ楽しそうにしただけのつもりだったのだが、なにかを持たせられそうだ。
よし、これに数字を持たせよう。
こいつを『○月』にしよう。

そこから時計回りに渦巻状に数字を持たせて描いていったのだった。
サイズもまちまちだし、似たポーズが並んでたりするし、
反省点がいっぱいある。
で、今年の基本形が“雑”ってことが一番いかんのではないか。




↑深夜に一杯飲んだ上に残ってた味ごはんまで食べちゃったけどクリックしてね。



昨夜は今年最初のみそか寄席。
凍えるような寒さの中、伊勢神宮内宮参道にあるすし久に行ってきた。

メインの桂文我さんの話は『二番煎じ』
火の用心の夜回り番たちが、休憩中にこっそり酒を飲む話だ。
冷えきった体を温めるのに、囲炉裏の火にあたりながら、
灘や伏見の“風邪薬”を熱燗にして、
口直しの獅子鍋をはふはふしながら食べる。

これを観て、一杯飲まずにいられようか。
帰りにセブンイレブンで塩サバと砂肝を買い、
お風呂が沸くまでの時間に熱燗をいただいた。
そんな事をやっているから寝る時間が減るのだ。


そんなわけで今日は二月のカレンダー。
じぶんでいうのもなんだけど、ちょっとした問題作だ。

私の机の上

ごらんのとおり、写真だ。
絵日記ブログのカレンダーに絵がないなんてどういうことか。

昨年、ネタに困って『飛び出すトケ井』なんてことをやってしまった。
その前の年は、黒い紙に鍵穴シールだ。
勝手にネタをこじらせて、ハードルを上げていったのだ。
なんかけったいなことをしなくてはならない、と。

去年も今年もそういうネタは2月、鍵穴は3月だ。
そう、スベるのが怖くて早めに放出してしまうのだ。

ちなみに、なんとなく手抜きのように思えるが、
トータルで考えると、史上最長の製作時間がかかっているのだ。





↑ついにアカギレになったのでクリックしてね。




あ~あ、正月休みももう中日か。
だいたいいつも年末はバタバタしていてあっという間。
んで、後半はダラダラ過ごして終わってしまうのだ。

あっ、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


さて、今年も年越しは大みそか寄席から伊勢神宮近辺で過ごした。

あたたまる~

内宮のどんど火

うまく焼けた

かがり火で餅を焼いて食べると一年風邪をひかないという。
今年は内宮で配られたおもちももらったので二個ずつ。

買わなくてよかった~

今年の収穫。
まずは大みそか寄席の福引で当たったみそか寄席300回記念の本。
ちなみに当たったのはちづるだけどね。

器がビーカー

友人がくれた、どこかで有名なプリン。

魔王の方ですよ

友人がくれた、超有名な焼酎。

自分用

私が買ったおみやげ。
左の手ぬぐいが『ふとんと猫』 右のが『おでん』
下は大の字の猫の箸置き。

メインは実家で

我が家のおせちごっこ。

で、1月のカレンダーです。
王道の七福神だよーん。

縁起物



↑コケッコーなクリックしてね。




昨日はみそか寄席。
なんと、東京から桂文治師匠がご来演で、
4人がたっぷりやったものだから、帰りにコンビニに寄った時には日をまたいでいた。

それから家に帰り、深夜番組を観ながら一杯やってたら、
あらなんと2時。
そんなわけで、今朝は6時15分まで寝て、
カレンダーの更新でござい。


どれどれ、今月はどんなカレンダーだったかな。
なにしろ描いたのがほぼ一年前。
もうすっかり忘れてしまっている。
フォルダを見て、あーこれか、って懐かしむぐらいだ。

これです。


火の用心


そうそう、
纏を描こうと思ったものの、どんなものかわからず、
検索したっけなあ。

でもイマイチどんなものかわからない。
いろんな形があるものだから悩んだのだった。
これはちょっとおでんっぽいなあ。



↑暮れでもないのにてんやわんやなのでクリックしてね。