FC2ブログ

言葉遊び

ここでは、言葉遊び に関する情報を紹介しています。
ちづるとクイズ番組を観ていた。
2チームの対抗戦で答はカタカナ4文字。
時間とともに一文字ずつ答えが入っていき、先に答えた方が勝ちだ。
こんな時、私はどちらのチームよりも早く答えたい。
正解でなくてもいいから。

正解でなくてもいいなら、何を目安に答えているのか。
それは、ちづるにウケる言葉だ。
どんな言葉がウケるかというと、なるべく突拍子もない言葉がいい。
できたら聞いた感じがアンバランスな単語を言いたい。

例えば『エウロパ』(※木製の第二衛星)
パッと聞いただけでは何のことやらわからない。
でも4文字の後半が『ロパ』なんて落ち着かないではないか。
こういう答えを言いたいのだ。

後半が『ロパ』なら『メガロパ』(※カニの幼生の第二段階)というのもある。
これも魅力的な言葉だが前半の安定感が違う。
『メガ』という聞き覚えのある二文字と『エウ』といううめき声的な響きでは、
その言葉全体の安定感に違いが出てくる。

『ヨセミテ』(※アメリカ合衆国カリフォルニア州の国立公園)もいい。
母音4文字というところが英語的でないというステキさに、
『ミテ』で終わる不思議感。
私の独断で言わせてもらうと『ン』とか『ウ段・オ段』で終わる言葉は安定している。
『エ段』で終わるのは一番不安定感があるように思う。

それでも日本人になじみのある単語が入っていると不安定感が減ってしまう。
『ガニメデ』(※木製の第三惑星)と『カメノテ』(※磯などに付着するフジツボの仲間)
を比べてみよう。
『ガニメデ』は蟹っぽいが濁音などで違うということがわかる。
しかし、『カメノテ』はあからさまに『亀の手』という日本語を想像してしまう。

私がお気に入りの不安定4文字カタカナは『トプカピ』(※エリック・アンブラーの小説)だ。
何ともサッパリ意味がわからないではないか。
しかも『パ行』が50%を占めるという前代未聞。

もう一つは『ポンヌフ』(※フランスにある橋の名)だ。
『ポン』と弾むようなリズムの後『ヌフ』とくる。
『ヌフ』なんて、含み笑い以外で聞いたことない。
なんとステキな4文字だろう。


しかし、そういう魅力的な4文字たちも、使われているとそのパワーが落ちてくる。
聞き慣れてくるのだ。
例えば『ソプラノ』(※女声の最高音域)
どう聞いてもおかしな四文字の並びではないか。
なのにもう違和感を感じないのは聞き慣れてしまったからなのだ。

『ソムリエ』(※客の相談に乗ってワインを選ぶサービス職)って、
初めて聞いた時「なんじゃそりゃ?」と思わなかっただろうか。
『アボカド』(※「森のバター」と呼ばれる甘みのない果実)だって、
ずっと「三文字も濁音が付く」って思っていただろう。

『エリンギ』(※キノコの一種)はどうか。
『カプリコ』(※江崎グリコのお菓子)はどうだ。
『ゾルドバ』(※デビルマンに出てきた妖女)だってそうじゃないか。

オシマイ。








↑予約投稿は失敗だったけどクリックしてね。





いばっている
スポンサーサイト



あるとき、『カップル』だか『アベック』だか、つまり仲の良い男女のことを、
『アベック』だか『カップル』だかと、つまり世間とは逆の言い方をしてしまい、
「ええ~、今どきそんな言い方する人いるの~?」と、
つまり、その言い方は時代遅れだと笑われたことがあった。
よくあるカタカナの言葉だと、我々おっさんにはどちらが今の呼び名なのかわからないのだ。

『エアコン』と『クーラー』もそういった単語のひとつだ。
どうもテレビなどを見ていると、傾向としては『エアコン』の方が有利だが、
いまだに『クーラー』も健在、という感じではないだろうか。
だったら、恥をかかないうちにどちらが今風か、決定しておいてほしい。
そしてそれは、涼し気な方を選ぶべきだ。


となると断然『クーラー』有利ではないだろうか。
なにしろ『エアコン』エアーをコントロールするためのものだ。
冬になったら暖房として使われることもある。

リモコンでドライだとか送風だとかの切り替えをしていると、
一旦『暖房』のところを素通りしなくてはならない。
この一瞬で小数点以下“0”の続くごくわずかな数字かもしれないが、
ちょっとだけ温度が上がったのではないかと疑ってしまうではないか。

その点『クーラー』は潔い。
クールにするもの、つまり、涼しくするための機械だ。
涼しいオンリーのアイテムなのだ。
なんとなく二つの『-』が風鈴のひものようにも見えてくる。
ひょっとしたら『○ー○ー』という言葉は涼しいものしかないのではないか。

『ヒーター』

前言は撤回しよう。


ところで先ほどうっかり暑苦しくも『暖房』という熟語を使ってしまったが、
だとしたらもちろん『冷房』も考えられる。
我々日本人にとって、漢字は一文字でその意味を伝え得る優れた意思伝達手段だ。
この『冷』という字が、灼熱の日本列島にする人々にどれだけ勇気を与えていることか。

だのになぜ『冷房』なのか。
どうして『房』なのか。
この文字は細いものがいっぱい集まっているイメージだ。
どちらかというと暑苦しい系の感じだ。
先に『暖房』という言葉ができ、その反対語として『冷房』が生まれたのではないだろうか。

では『冷』の字と、先ほどの『○ー○ー』の法則を混ぜてみてはどうだろうか。
『冷ボー』
いかん、涼しい感が『冷房』よりも『クーラー』よりも劣る。
そうだ、『クーラー』と『エアコン』に漢字を当てはめてみよう。

雑な考察だが『クーラー』に当てはまる漢字はなんとなく涼しげだ。
『蔵ー』『暗ー』『く恨ー』どれもコレもひんやりしている。
それに引きかえ『エアコン』は全然都合のいい感じが浮かばない。
不愉快だ、暑苦しい、オチにならない。

そんなわけで、この夏は『クーラー』で統一することに決定した。
うっかり『エアコン』って言ってしまった人は焼きゴテの刑ね。





↑焼きゴテの文字は『涼』なのでクリックしてね。






90度回転した
暑いわい。
暑いがな。
暑いさー。
暑おます。
暑ing。

あー、暑い暑い。
会社では巨大カーテンを閉めて、その中で冷房にまみれて過ごしている。
たまにカーテンから出ると、体内のオイルが柔らかくなってグニャグニャになる。
建物から出て日光に当たったら、そりゃもう天然のオーブンレンジだ。

先週は雨、今週は熱で徒歩通勤をやめている。
歩いたら会社に着いてすぐ、行水をしなくてはならないだろう。
お昼も野菜と魚肉ソーセージだけでなく、カレーパンなんかを追加している。
ちゃんとした栄養を摂っておかないと負けてしまいそうな気がするのだ。

だからといって「暑い暑い」と繰り返していても辛くなるだけだ。
なんか涼しそうな言葉を言いたい。
「涼しい」とか「寒い」なんて言葉を発すると暑さにやられたと思われるから、
なんとなく涼し気な言葉がいい。

『レイキャビク』
「レイ」は「冷」に通じるし、「ビクッ」とするときは涼しげだ。
ただ「キャ」の部分が熱を感じる。
どうしても女性の歓声を思い出すから、ライブの暑苦しさを連想してしまう。

『シーズー』
「涼しい」を「スーズーシー」と言い換えたような感じを受ける。
それに「静」のイメージも伴っている。
ただ、ご存じのように『シーズー』という存在は毛むくじゃらだ。
暑苦しいことこの上ない。

『ヒヤシンス』
涼しい言葉の中で『冷やし』ほどパワーのあるものはない。
なにしろ、あの発熱単語『中華』を涼し気にしてしまうのだから。
後半の「ンス」もいい。
「○○でありんす」という花魁言葉を思い出す。
花魁は重ね着をしていて暑そうだが、あの優雅さが汗を吹き飛ばす。


そんなたわいのないことを考えていたら、驚くべき固有名詞を耳にした。
ワールドカップが佳境を迎えている今、
クロアチアのゴールキーパーの名前が『スバシッチ』というそうではないか。
あらゆる日本人が「すばしっこい」を思い出したはずだ。
なんとゴールキーパーに向いている名前なのだろう。

クロアチアに『スズシッチ』はいないだろうか。





↑涼風真世さんクリックしてね。






サッカーを知らんから
私は原稿用紙に筆ペンで字の練習をしている。
なぜか買い溜めした原稿用紙を新品のままでは捨て辛く、使って処分することにしたのだ。
先日、やっとA4サイズを使い終え、さらに小さいB5サイズに取り掛かった。
それまではネットの歌詞サイトで好きな歌を選んで写したりしていたが、
チョイと趣向を変えようと広辞苑を練習素材とすることにした。

とはいえ、あの大量の語句を写すのは大変だ。
それに、動詞、形容詞などを書き始めたら、ウ段と「しい」ばかりになってしまう。
ここはまず、巻末の『漢字一覧表』にとりかかろう。
広辞苑の漢字表は画数別になっている。
一画から始まってどんどん画数が増えていくので、簡単な字から徐々に難しくなるのもいい。

一画は『一』と『乙』しかない。
そこから書き進み、最近5画まできた。
この法則だと、一つの漢字は一度しか出てこないことになる。
漢字の一期一会だ。
こうやって書いていくと、メジャーな漢字とマイナーな漢字が存在することがよくわかる。

それを強く感じるようになったのがこの5画からだ。
『世』や『本』や『必』や『左』『右』などが出てくると、
「おお、こんな大御所が出てきたか」と感慨深い。

『去』『母』『白』『巨』『広』『出』などは、
「おまえらここにいたか」と思う。

逆に『丼』『叩』『尻』『凸』『凹』などを書き写していると、
「なんでこんなことをしなければならないのだ」と我に返ることがある。


さて、こうなると漢字の代表は何か、ということを考えるようになる。
ベストオブ漢字、漢字の中の漢字が決められるのではないか。
こんなことを5画になってから思い始めた。
それほど5画の漢字には代表格が集まっているのだ。

まず、字的なことから選んだのが『永』だ。
よく習字の練習で、この字にはとめ・はね・はらいなど、すべての要素が入っていると言われる。
だから書道界では別格扱いになっているように思う。

5画ということで思い出されるのが『正』だ。
数字を数えるときはこの字が活躍する。
二つ欠くと10という便利な文字なのだが、5画なら『玉』でも『犯』でもいいはずだ。
ここにはこの形と、一画が全て直線という魅力があるのだ。

そして読み方から『生』を選ぼう。
記憶は定かではないか、もっとも読み方の多い漢字だという話だ。
意味的なことまで考慮すると200以上の読み方があるらしい。

さて、どれが漢字の代表として選ばれるのだろう。
それはまだ決まらない。
だって、まだ5画までしか見てないんだもん。






↑33画まであるのでクリックしてね。





逆は描きにくい
28日、会社のお掃除はつつがなく終わり、3時半に会社を出た。
唯一、直接カレンダーを渡す友人のところに行き、
一旦帰宅してからいつもの居酒屋に行った。

29日は朝から畑。
ジャガイモの跡を耕してスナックエンドウの苗を植え付けた。
畝が広かったので2条で、有りきりの30本も植えてしまった。
昼食後仮眠をして、パソコンの中身をいろいろ整理。
いつもの居酒屋にダイコンを届けて、年末のご挨拶をしてきた。

そして今日、30日。
午前中は実家に行かなければならない。
餅を餅やさんにもらいに行き、母を買い物に連れていき、
しめ縄を飾って来なくてはならない。

となると私が自由になるのは今日の午後からだ。
確か年末にしなけれならないことがあったはずだがなんだったろう?
なにかをきれいにしたりすることだったと思うのだが。

そうそう、魚のウロコを獲ったりする『うおそうじ』だったか。
いやいや、そんな生臭いことではなかったと思う。

そやそや、ヘアケアの一環として毛をきれいにする『毛そうじ』か。
そんなことは毎日しなくてはならないではないか。

そう言えば昨日畑でおじさんに会ったとき、何か申していたなあ。
『申す叔父』だったっけ?

今見ているテレビ番組で世界一高いエレベーターが紹介されているぞ。
『昇降機』

あっ、いかん、早く更新しなければならないのにボーっとしていた。
『妄想に』

ちづるに早くするように急かされても、逆らうことはできないのだ。
『調教師』

ああ、早くまとめないと。
『ようするに』

あっ、実家からホントに電話がかかってきた。
スーパーが混むから早く来いとのことだ。

実は昨日はちづるが出勤だったから普段通り起きたのだが、
今朝は目覚まし無しで寝たいだけ寝てしまったのだ。
しかも、全くネタはなし。
で、こんなことになりました。
来年はちゃんとします。






↑ちゃんと働いた人もクリックしてね。





さっさとします