FC2ブログ

寝る

ここでは、寝る に関する情報を紹介しています。
目が覚めた。
もう朝方のような気がするが、小窓の外はまだ暗い。
となりの寝床にちづるは居ないし、尿意から測定すると丑三つ時辺りなのかもしれない。
どうしてそんな時間に目が覚めたか考えたところ、どうやら暑かったようだ。
私はふとんから腕を出し、そのままもう一度寝てしまおうと思った。

その時、

「こみやん」

と呼びかける声がはっきり聞こえた。
一気に100%覚醒する。
もちろん部屋には誰もいないのだから、考えることはホラーに決まっている。
目を開けて周りを確認し、出した腕をふとんの中に引っ込める。
モガモガ動いて丸くなり「うがー」などと声を出してみる。

呼びかけたやつの姿は見たくない。
上に乗っかったりもされたくない。
目以外がびくとも動けなくなる状態はまっぴらだ。
そうだ、こないだの『チコちゃんに叱られる』で金縛りは夢だと断定していたではないか。
夢だ夢だ、夢見とるんやから寝てしまえ。


まさか予知夢ではあるまいな。
誰かの身になんらかの危険が……
だとしたらそれは誰なのか。
数秒前の事なのに、もうどんな声だったかは覚えていない。
ただしそれは男で、私のことを「こみやん」と呼ぶ人だ。

身内親戚なら当然下の名前で呼ぶ。
店長や奥さんは「こみちゃん」それ以外の同僚は苗字にさん付けだ。
会社関係で私のことを「こみやん」と呼ぶのは、本社にいる元上司Tぐらいだ。

となると居酒屋関係か。
スキンヘッド1号は「こみ」だし、一番お年寄りのSやんは「たぬちゃん」だ。
坊主頭Fは「こみやん」派だがまだ若いし、あとは苗字呼びが多い。
いや、オーナーと全オーナーは「こみやん」だった。

しかし、こう考えていくと、私のことを「こみやん」と呼ぶ人は関係性が薄い。
もし、何ぞの時に姿を見せるとしたら私のところではないだろう。
ではいったい誰がなんのために……

なんてことを考えているうちに寝てしまったようだ。
そして寝過ごした。






↑休みの日は気がゆるむのでクリックしてね。




ひどい
スポンサーサイト



先月、わが社の印刷部門に20代前半の若者が入社した。
社長と一緒に挨拶に来てくれた時、ぽっちゃり系で穏やかなタイプだと思ったが、
それ以上に呑気な人間だったらしい。
なにしろ社長の横の席で、ウトウトと居眠りをしてしまうのだそうだ。

社長が「どうしてそんなに眠いのか」と訊ねたところ、
「夜遅くまでゲームをしているから」と答えたらしい。
それを聞いた店長が、

「そうだったとして、そう答えるな」

とあきれていた。
私も同感だ。
そしてゲームを一切しない私はこう思う。
ゲームなんかするな!
本を読め!体を鍛えろ!料理をしろ!野菜を育てろ!


勢いで自分の趣味を叫んでしまったが、果たしてこれが理由なら居眠りして怒られないだろうか。

読書なら許してもらえそうな気がする。
ハリーポッターの新作や村上春樹の本は、発売日に並んで買って即読み始めるというではないか。
いや、つまりは何を読んでいたかで許されるか否か決まりそうだ。
『痩せるストレッチ』なんかだったら「夜更かしで読むな」と言われるだろう。

となると当然、筋トレをしていて眠い、というのは理由になるまい。
そもそも、トレーニング後に筋肉が作られるのは寝ている時間だ。
早い時間に体を動かして、たんぱく質を摂って早く寝るのが理想的だ。
夜中に真っ赤な目をして筋トレしているやつがいたら、
それこそ「筋トレの本を読め」と言ってやらなくてはいけない。

料理も難しい。
「作り置き惣菜を5種作ってました」と言う理由は通じまい。
寝不足になるほどなら「シチューをコトコトと三昼夜やってます」ぐらいでないと無理だ。
しかしこれでも「ゴールデンウィークにやれや」と言われるか、
「森に棲むおばあさんにやってもらえ」と言われるのが関の山だろう。
おっさんにクリーミーな料理は似合わない。

「野菜を育ててました」は無理だ。
そんな答えをしたら、逆に「しばらく休め」と言われるかもしれない。
そもそも『野菜を育てる』と『夜更かしをする』はスパンが違う。
季節単位のことを一晩に割り振れるはずがない。
それに野菜作りは早寝早起きですることなのだ。


そうそう、もう一つ私の好きなことがあった。
「みそか寄席に行ってました」はどうだろう。
完全に深夜限定のことだし、スポンサーがお得意様だ。

いや、時節柄よけいに怒られるかもしれない。
ワクチン接種するまでは許可されない気がする。
なにしろ今月も中止だし。
春眠の 理由を聞けば みそか寄席、なんて日が早く来てほしいわい。







↑どのみち眠いのは眠いんだからクリックしてね。



今日例え
ホットカーペットで目覚めたのは深夜2時。
徒歩出勤の帰り、スーパーでちづると落ち合い、おつまみを買って帰宅。
いただき物の新酒をやりながら録画番組を観ていて、そのまま寝てしまったようだ。

慌てて風呂に入り、寝床に急ぐ。
翌日が日曜だとはいえ、ダラダラ寝ている訳にはいかない。
私は母を買い物に連れていかなければならないし、ちづるは朝からパーマ屋だ。
のどシュッシュして、鼻の下にヴィックス・ヴェポラッブを塗って、
ハンドクリームで手ケアをして、灯りを消した。


寝られない。
そりゃそうだ、さっきまで寝ていたのだから。
寝る前の記憶から計算すると、3時間ぐらい寝ていたようだ。
しかし、普段通りの時間に起きようと思ったらあと3時間ちょっとしか寝られない。
早く寝つきたい。

はっ、いかんいかん、寝られないイラつきから腹の立つことを思い出してしまった。
そこから連鎖的に嫌なことばかり思い出し、
更にはありもしないストーリーを編み出して血圧を上げている。
これでは瞳をとじた自家発熱装置だ。
なにか愉快なことを考えよう。

はっ、また別の腹の立つことを考えていた。
楽しいことを考えていたはずなのに、まるで線路の切り替え線に入ったように、
不愉快な夢想に陥ってしまっていた。
どうやら気温が高いらしい。
私は暑いと寝られない性質だ。


よく考えたら何を不満に思うことがあるのだろう。
私はふとんの中でぬくぬくしているのだ。
これが朝なら、目覚ましを止めるためにここから腕を出すことさえ嫌がるではないか。
よし、今私はふとんの中という幸せな環境にいることを実感しよう。
寝なくてもいいのだ、今、幸せなのだ、そう考えよう。

はっ、またイライラしていた。
暑いからだ。
両手両足をバッサバッサして、涼しい空気を取り入れる。
これで良い温度になった。

そうだ、いらんことを考えてしまうなら、寝なくていいから必要なことを考えよう。
塩分とか運動とか畑のダイコンとか花壇の土のふるい掛けをどうするかとか……
いや、一番差し迫っている問題は、翌朝更新するブログのネタだ。
これを考えよう。


はっ、寝過ごした。






↑眠れる森の人もクリックしてね。




嫌な夢
酔っ払って目が覚めたら2時だ。
もうお風呂に入るのはめんどくさい。
このまま寝てしまおう。

これは一昨日の話ではない。
ほんの7時間前の出来事だ。
昨夜はちづると飲みに行っていたのだ。

「なんだと、二日連続で飲みに行くとは不謹慎極まりない、毛根にバチ当たれ」

と考える人もいるかもしれない。
でも、これは仕方ないことなのだ。
使い切ってない地域振興券の使用期限が20日に迫っていた。
しかも20日の夜には一年を締めくくるお笑いの祭典『M1』がある。
19日はどんな二日酔いであったとしても、飲みに行かなければならなかったのだ。


時系列に沿って重要なことだけを説明しよう。

18日、MえとQちゃんの三人で飲みに行き、深夜1時ごろ帰宅した。
サッサと風呂に入って寝てしまえばよかったのだが、
なにやらウトウトしてしまい、気が付いたら2時。
お風呂に入らずそのまま寝室に行って寝てしまった。

19日はちづるが出勤なので普段通り起床。
朝食を食べてホットカーペットで仮眠していると、

「お風呂のお湯、置いてあるでな」

と言ってちづるは出勤していった。
実家に行く日なので10時半にはお風呂に入らなければならない。
となると10時過ぎには沸かし直しのスイッチを押しておく必要がある。
この時私はまちがえた。
『ふろ自動』ではなく『追い炊き』ボタンを押さなければならなかったのだ。

チャイムが鳴ってお風呂に行くと、お湯はふちぎりいっぱい。
そのまま浸かったら私と同量の容積のお湯が無駄に溢れてしまう。
私はお湯をザブザブ浴びて体を洗った。
となると残ったお湯ももったいない。
今夜、沸かし直して入るとしよう。


ここで話が最初に戻る。
私はお風呂に入らず寝室の布団に入った。
体が温まっていないから寒い。
布団二枚の上に毛布が掛けてあるのだが、毛布が体に接している方が暖かいのではないか。

ちょうどちづるが来たので、その意見を伝えてみた。

「私はずっと前からそうしとるよ、あんたは暑がりやな~と思とった」

なんやと、ワシも暖かく寝たいに決まっているではないか。

「そしたら毛布の端っこをつかんでおれ」

私が毛布の端をギュッと握ると「そうれっ」っとちづるが二枚のふとんを引き抜いた。
そしてそのまま毛布の上に着地。
Oh’ FUTON MAGIC!
私は8時まで安らかに眠ることができたのだ。






↑私が置いといたお湯はちづるが流してしまったのでクリックしてね。




魑魅魍魎
会社帰り、てくてく歩いて近くのショッピングセンターに行った。
母の誕生日なので、なんかないかいなと見に行ったのだ。
殊勝な子心などではなく、刺激があった方がいいというショック療法的考えでのことだ。
高いものを買うと「そんなのいらんわよ~」というに決まっているので、
実働的なニットの帽子と暖かい靴下にした。

その帰り、いつものじゃない居酒屋に行った。
お刺身盛り合わせで生ビールのあと泡盛のボトルキープをチビチビやる。

そこへ電話がかかってきた。
Mえだ。
いつもの居酒屋がヒマだという連絡だ。
別の居酒屋にいると伝えたら、帰りに寄れという命令だ。

ちづるへの土産に天巻きを持ち帰りしたのだが、それを持って別の居酒屋に行くことになった。
いたのは常連二人。
以前、ワインで盛り上がった二人だ。
だから、またワインを頼んだような気がする。
そして二人を残して帰ったような気がする。

とぼとぼ歩きながらしんどくなって、ちづるに迎えを頼んだらしい。
何時になっていたかはわからない。
ただ、ビール・泡盛・白ワインというのは尋常じゃないちゃんぽんだと思う。

「3時やぞ」
とちづるに起こされて、シャワーを浴びて寝室に行った。
今起きてきたら、台所に天巻きがある。
これが朝ごはんになるのだろう。

ああしんどい。
絵にかいたような後悔先に立たずだ。






↑ううう…クリックしてね。




ううう