FC2ブログ

寝る

ここでは、寝る に関する情報を紹介しています。
月に一度の土曜出勤の後、二週間ぶりの居酒屋。

聞けばスキンヘッド1号も2号もチョー久しぶりらしい。

遅い時間に坊主頭Fがやってきた。

やつは今、クレーンゲームにハマっていて、

エモノを持ってきては配っているらしい。

なんと、その日取ったのは大きなレジ袋4つ。

ヘッドホンを二つとゲームのコントローラーをもらった。

そんなこんなで帰宅したのは2時。

体が早寝に慣れてしまっている。





↑ねむたいわいクリックしてね。





老化かも
スポンサーサイト



朝というのは起きにくい。
暑いと寝付けなかった分起きにくいし、涼しいと気持ちよくて起きにくい。
なにしろ人間起きたくはないのだ。
でも、食っていくためには決まった時間に起きなくてはならない。
そのために努力をする。

私は目覚まし時計を使っている。
5時43分にアラームをセットしてあり、止めてもスヌーズ機能で5分おきに鳴る。
そして5分おきに止める。
最終的に「起きねば」とアラームを切って、なのに寝てしまうことがある。

この恐ろしい事態を避けるために、保険を掛けてある。
スマホの時計の『ベッドタイム』というオプションだ。
何時に起きたくて何時間寝たいかを入れると何時に寝ればいいか教えてくれる。
いや、そのぐらい私も大人なんだから考えたらわかるのだが、
なんだかありがたい気がして使っている。

私は6時間寝て5時50分に起きたい。
そのようにセットしたら寝るのは23時50分だと表示される。
就寝時間が来たら「そろそろ寝ろよ~」と優しいチャイムが鳴り、
朝には高尚な音楽が、小さいボリュームから徐々に大きくなり起こしてくれる。
目覚まし時計のアラームの間にこれが入るから「なんだ?」と思って起きやすい。


この『ベッドタイム』の下の方に、いくつもの棒が並んでいるのに気が付いた。
よく見ると縦軸は睡眠時間、横軸は曜日の棒グラフだ。
枠は私のセットした睡眠時間になっていて、ちゃんと寝ていた時間が表示される。
たとえば、飲みに行って寝るのが遅くなった日は、棒の始まりの方が短くなっている。

なんでそんなことがわかるのだろう。
起きた時間はアラームを止めるのだからわかるにしても、
何時に寝ついたかなんてどうやって調べているのだ。
スマホは手を伸ばしてやっと届く位置に置いてあるのに。

明かりを消すからか?
いやそんなはずはない。
だってスマホには手帳型のカバーが付けてあるのだ。
昨夜などは寝付けなくて水を飲みに起きていったらちゃんと棒が短くなっている。

スマホに触れなくなった時間を感知しているのか。
しかし私は寝るときに音楽をかけている。
これは使用していることになるのではないか。

私の心拍数や呼吸、脳波などを読み取っているのか?
セッティングもしてないのに?

恐ろしいのは先週のこと、棒が夜明け頃に一度途切れていたことがあった。
そんなことまでもわかるのか?
いや、私になにがあったのだ。
トイレにでも目覚めたのだろうか。
あるいは無呼吸でちょっとの間死んでいたのだろうか。

私はこの機能が恐ろしい。
といいつつ、ほとんど毎日みっちり寝ているとグラフに表示されているのであった。






↑ひょっとしたらアップル社の実験台にされているのかもクリックしてね。




毛は育たんが

寝男

三連休初日の土曜日、もちろん普段通り6時前に起きる。
ブログの更新をし、ちづるを起こして朝食。
新聞を読んだら歯磨き髭剃りをして『なつぞら』と『チコちゃん』をうっすら聞きながら仮眠。
9時半になったら家を出る。

この日は午後から雨が降る予報になっていた。
だからそれまでに帰ってきて、雨が降り出す前に畑周りの草刈りをしたいのだ。
朝の時間も無駄にはしたくない。
実家に行く前に畑に寄り、畝間の草をクワで削りトマトの腋芽を取りキュウリを収穫した。

そのキュウリを持って実家へ。
母に買い物をさせたらお昼は食べずに帰宅する。
昼食は土曜にしか行けない定食屋さんだ。
が、家を出たらぽつぽつと雨が当たっている。
定食屋さんを出た時にはさらに雨量が増えている感じだ。

草が濡れている状態で草刈機を回したらそりゃもう大変なことになる。
汚れていい作業服だとはいえ、緑色に染まることだろう。
スマホの天気予報を見たら、月曜が曇りになっていた。
今日の草刈りは延期にしよう。

家に帰って横になったら寝てしまった。
目覚めたのは5時だ。
この日は地元の花火大会。
雨天決行となったので、ちづるといつものじゃない居酒屋に行くことになっていた。

8時頃に店を出て、カラオケに行くことにした。
居酒屋からカラオケまで歩く時間が花火見物だ。
建物が多いからほとんど見えないが音は少し聞こえていた。

2時間歌って帰路に着く。
おそらく、家に着いたの10時半ぐらいだったのではないだろうか。
記憶があいまいなのは、家に着いてすぐ寝てしまったからだ。
目が覚めたの3時。
シャワーを浴びて寝床に入る。


さて、居酒屋まで歩いているときにちづるに言われた事がある。
普段あんなにキッチリ寝ているのにどうしてそんなに眠いのか。
ひょっとしたら睡眠の質が悪いのではないか。
俗にいう無呼吸になっているのではないか。

それは寝ているから私にはわからない。
でも、いつも眠いのは間違いない。
昼休みに音楽を聴きながらイスで目を閉じているが、音楽の記憶はほとんどない。
なかなかの熟睡をしているのだ。


で、今朝はタイマーセットをせずに寝た。
目覚めたのは7時半。
今、パソコンの前で大慌てだ。






↑今朝もごはん食べたら仮眠するけどクリックしてね。




急ぐ癖です
みそか寄席の後、アラームを合わせ直すの忘れとったー!






↑朝の一時間は痛いクリックしてね。




あほめー
なんたる暑さだ。
職場のエアコンの設定温度を下げたのに、Tシャツが汗でしっとりしてくる。
持って行った水も500ccのペットボトル1本では足りなくなった。
メモののり部分も、機械用のオイルも普段より柔らかい。
帰る時間になって車に乗ったら、日陰にあったにもかかわらず温室状態だ。


と、こんなに暑い日なのだから寝室も暑いに決まっているではないか。
どうして窓を開けて風を通しておかなかったのだろう。
部屋に入った途端、閉じ込められていた空気がむんわりと抱き着いてきた。

エアコンをつけたい。
でも、今年はまだ初稼働させていない。
天気のいい日に部屋を開け放して1時間ほどフルパワーで動かすといいと聞いた。
機械内のカビが出て行ってくれるらしい。

それをしていないということは、エアコン内はカビだらけなのだ。
そんなのをそのまま動かすということはカビの散布と同じだ。
部屋が涼しくなってすやすや眠れても、私の肺は緑の胞子を目一杯吸って、
明日から良くない咳が出るようになるに違いない。
このまま寝よう。

音楽が4曲も終わったが眠れる気配が感じられない。
冷蔵庫からアイスノンを出してきて首筋に当てた。
少し涼しい。

左手がかゆい。
どうやら2か所かゆい。
最初は掻いていたが、ちょっと指先で触ってみた。
少しふくれている。
蚊がいるのだ。

蚊取り線香を付けたとき、部屋の外に扇風機があるのを発見した。
しかしこの扇風機は、おそらく去年の夏が終わった時からここにあるのだろう。
これをつけて寝たとしたら、私の肺はほこりを目一杯吸って、
明日から良くない咳が出るにようになるに違いない。

音楽を追加し、のどシュッシュをして、アイスノンを枕に目を閉じる。
暑い。
寝られるだろうか……

ぷぃ~ん

蚊だ!
蚊取り線香に火が着いてないではないか!
着け直したら入口を閉めなければならない。
閉めたら煙たい。
マスクを着けたら暑い。
あ、でもマスクを着けたらエアコンを点けてもいいのではないか。
そうだ、私の肺はマスクに守られる。
カビの胞子は花粉より大きいはずだ、と思う。
私はエアコンのスイッチをオンにした。


初エアコンで寝た朝はだるい。






↑夏のいやな面を一斉に見た気がしてクリックしてね。




冷やしたいアタマ