寝る

ここでは、寝る に関する情報を紹介しています。
みなさま

二日酔いの神様

許してください。






↑今年は粘った方だと思うけどクリックしてね。





言い訳できない
スポンサーサイト
一昨日の夜、寝床に入ってもなかなか寝付けなくて、
そうなるとイライラすることばかり思い出して、
モガモガもがいた挙句、起きて行ってウイスキーを舐めたりした。
おそらく寝る前にスマホをいじったりしたのがよくないのだろう。
寝る前は『寝る』に向かってゆっくりシフトチェンジしていくのがいいらしい。

昨夜は早く寝付きたかった。
前日のせいで寝不足だったし、今夜はみそか寄席なのだ。
たっぷり寝て、体の中の睡眠袋を満たしておきたい。
だから久しぶりに得意技のマスク寝をやってみた。
鼻の下にはヴィックス・ヴェポラッヴを塗って。


念には念を、寝る念には寝る念をだ。
先ほども述べたように、良い睡眠にはもっと早い段階から準備をしておきたい。
ある健康番組によると、寝る数時間前から照明を暗めにするのがいいらしい。
よし、マスク寝よりもっと懐かしいものを復活させよう。
そう、ローソク風呂だ。

いえ、そんなアヤシイものじゃありません。
それは、究極のリラックス照明。
ガラスに入れたローソクの揺れる灯りだけを頼りにお風呂に入るのだ。
衝動買いしたローソクの使いかけが今も脱衣所の窓枠に置いてある。

まずローソクに火を点け、お風呂の定位置に置く。
体重を計る。
スマホの音楽を鳴らし、ブルートゥースのスピーカーを風呂の高い棚に置く。
脱衣所の照明を消して風呂に入る。

BGMは今マイブームの『ワニマ』だ。
これが睡眠を阻害している気もするが、それでもローソクの明かりで落ち着ける。
湯船でボーっと炎の揺れを見ていると、睡眠袋がたぷたぷしてくるのがわかる。
今夜は寝つきが良さそうな予感がする。


そうだ、ちづるに頭を刈っておけと言われたのだった。
灯りを点けようかと思ったが、この暗さが居心地がいい。
どうせ坊主頭だ。
触ればどこが刈れてないかわかるだろう。

バリカンを頭に当てる。
鏡に映った自分の姿は全く見えていない。
それでも触覚でバリカンが通ったところはわかる。
刈った後は普段より入念に触って確認する。
前回は右耳の上が大五郎みたいになっていたが、今回は大丈夫だろう。

ゆっくりリラックスして温まって満足してお風呂を出た。
体を拭き、パジャマを着て、いろいろ塗るものを塗って寝室に向かう。
マスクをしてスローテンポの音楽を少しだけ流して灯りを消した。
すぐに眠りに落ちていった。


とある式典に出席したところ、
頭が虎刈りになっていることに気付いて大慌てしている夢にうなされた。





↑シャンプーがシミたりもしたけどクリックしてね。






トラ度は低い
ほうら、この休みで感覚が狂ってしまった。
大みそかは午前と午後に仮眠をとって、年越し参りで帰ってきたのは一日未明。
4時ごろ寝て9時半ごろに起きて、おとそという名目で酒を飲む。
お昼は1時半ごろカレーパン。
仮眠して夜はちづるの実家でおよばれだ。

時間が来てもお腹は減らないし、
妙な時間に急に飢餓状態に陥るし、
テレビも普段と違うから何曜日だかわからないし、
寝たり起きたりするから日にちがわからなくなって、
あらなんで今日は新聞来てないの、って思ったらまだ二日だわ。


そんな一月二日はまだまだ普通の更新をしたくない年頃で、
数年前に楽をする方法をあみだした。
年賀状で書いたボツ絵を使うのだ。
毎月一日にカレンダーで楽をしているので、
他の日にも利用できるアイテムを見つけられてうれしい。

最近はそのために年賀状の絵を4枚描くようにしている。
一枚が年賀状に使われて、残りは二日更新用ってことだ。
そんな気持ちが現れ過ぎていたのだろうか。
「使えん絵ばっかり描きやがって」
とちづるに叱責されてしまった。

そんな絵でお茶を濁すのが今日だ。


みかん

ご覧のように冬の代名詞、みかんだ。
確かにこれは使えない。
楽をしたいあまり、描く量を最低限に抑えてしまった。
そのせいでどうしても“カビ”にしか見えないではないか。


こたつ

次はコタツだ。
ごらんのとおり、また楽をしている。
ヨンホンゲは座椅子でうたた寝、という体だ。


落下事故

なぜかトランポリンだ。
よく考えたら年賀状には縁起の悪い絵ではないか。
なんで青い顔をしてるような絵を描いてしまったのか。
これではちづるに文句を言われても仕方がないわ。

でも、これで更新できて私は満足だ。




↑そろそろちゃんとするのでクリックしてね。




カラオケに行きました。

クリスマスソングは、しくじりました。

もっと根本的なとこでもしくじりました。





↑こんなのもありでクリックしてね。





何時に帰ってきたのだろう
今、朝の4時半だ。
寝るのに失敗した。

確か昨夜、お風呂の給湯スイッチを入れ、お湯が溜まるまでニュースを観ることにした。
ホットカーペットに座ると横になりたくなり、
横になった後の記憶はない。
おそらく昼寝をしなかったからだろう。

最近は、休日でも普段通りの時間に目が覚める代わりに、昼間に眠くなる。
家にいると昼食後に必ず仮眠をとってしまう。
お出かけしたりしていると、帰宅してまず仮眠だ。
何かをしていたとして、夕方になってそれを終えると、夕食まで仮眠する。

昨日は実家に行き、買い物を済ませた後お昼を食べていると、
親父に何やら植木を抜けと言われた。
実家でも食後はテレビを観ながら軽く仮眠していたのだが、
先にその仕事を済ませようと思ったら親父が次々用事を言いつけるので寝られなかった。
家に帰ってからもいろいろと忙しく、NO仮眠の一日だったのだ。


目が覚めたのはおよそ1時。
あわててお風呂に入り、さっさとふとんに潜り込む。
なのに寝られない。
昼寝をしないとうたた寝をしてしまい就寝できないのだ。
仮眠をとらないと事故寝をしてしまい本眠できないとも言える。

ふとんの中で寝付けないでいると、寝付けない自分に腹が立ってくる。
どんどんイライラしてきて余計眠れなくなる。
関係ない腹の立ったことまで思い出してしまう。
おのれ親父め、ワシを使いおって。


かなりあからさまに眠れないので、起きてリビングに降りて行った。
ちづるがこんな時間に洗い物をしている。
やつも寝ていたのだ。
私は少し焼酎を飲むことにした。

これが寝薬になってくれることを祈って布団に入る。
やっぱり寝られない。
もうヤケだ。
ふとんから出て、気になっていた自分の部屋の片づけを始めた。
幸い今夜は暖かい。

新聞が来た。
読んでやる。
とはいってもテレビ欄だ。
明日の朝の健康番組のテーマは血糖値か。
関係ないからこれが終るころ起きて更新をしよう。

いや、だとしたら3時間しか寝られない。
そんな睡眠不足で更新ができるのか。
だったら目が覚めている今、更新すればいいのではないか。
そう思ってパソコンの前に座ったのだ。

現在進行形のことを書いたので、とても早く書き終わった。
今、5時前だから、およそ25分で書けたではないか。
普段の半分の時間だ。
やっぱり夜更新にした方がいいのだろうか。

ただ、今になってとても眠い。
しかも寒い。
今から絵を描くかどうか、迷っている。






↑眠すぎて更新の手順が一瞬わからなくなったけどクリックしてね。





複雑なこと描いておれん