いたいただきます

ここでは、いたいただきます に関する情報を紹介しています。
今までできなかったことができるようになる。
壁を破るとか、階段を上るとか表現されるように、これは人としての進歩だ。
子供はいくつものいくつもの進歩を繰り返して大人になる。
しかし、もうずっと昔に大人になっているはずの私にも、まだ進歩はある。
この年までできなかったことが、ある日できるようになったりすることもあるのだ。

チョコレートが噛めるようになった。
以前、私にとってチョコレートは飴類に所属するものだった。
口に入れたら体温と唾液と下の動きで溶かして飲みこむのだ。
ナッツ系のものが入っている場合は、完全にナッツだけになってから噛んだ。

そんな風に育ったのも大人の教育が悪かったのだ。
チョコレートは虫歯になる虫歯になると、呪文のように唱え続けるものだから、
この黒くて甘い物体を咀嚼すると、歯の目に見えない小さな穴に入り込んできて、
溶かし蝕み、この固い象牙質を軽石みたいにしてしまう、と思っていた。
だから怖くて噛めなかったのだ。

初めてチョコを噛んだのは数年前、きっかけは忘れてしまった。
「この歯ごたえはたまらんな」と思った記憶がある。
ただ、噛むと早く無くなるということもわかった。
だから咀嚼することを経験してからもなるべく溶かし食いをするようにしていた。


さて、最近の私はよく二日酔いをする。
二日酔いにならない一番の方法は、二日酔いになるまで飲まないことだ。
だが、これは無理だ。
酔っ払った頭でそんな理性をキープすることなんてできない。

そこで我々は、民間療法レベルの対処法をいろいろ考える。
世の中の酔っ払いが勝手に考えるからいろんなデマが世間に流布されている。
我々が一番信じやすいのが、飲む前にこれを食べれば安心、というやつだ。
なにしろ事が簡単だし、「アレを食べたのに」と責任をなすりつけられる。

よく聞くのは、牛乳、チーズ、柿、ナッツ類、緑茶、レバーなどだ。
どうやら脂っ気か、肝臓にいいものかに大別できるようだ。
ただ、その中で自分の好きなものを選んでいたのでは効き目がない。
ちゃんと、効果のあるものを調べよう。

で、私が選んだのがチョコレートだ。
脂分が胃の粘膜を保護し、糖分が肝臓のエネルギーとなり、
カカオに含まれるポリフェノールがなんかいいらしい。
私は飲みに行く前にチョコレートを食べることにした。

徒歩で店に向かう途中、コンビニに寄った。
薬として服用するのだから、よけいなものが入っていない方がいい。
私は安くてノーマルな板チョコに決めた。
板チョコを買うなんて人生で初めてかもしれない。

飲む前に摂取しておかなければならないので、歩きながらバリバリ食べる。
傍から見た「なんだあの甘党のおっさん」と見えるかもしれないが、
これも全て酒を飲むための助走なのだ。
胃や肝臓を守るためにあわてて食べているのだ。

板チョコをあわてて食べる。
この快感を初めて知った。
口の中でのあの崩壊感。
なぜか湧いてくる勝利感。
しかもこれで二日酔いをしない体になったという勘違い。

私は意気揚々とのれんをくぐった。
で、一杯目の生ビールのまずかったこと。





↑買い置きしちゃったけどクリックしてね。






歯磨きに問題あり
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
一杯目がまずくてそれで飲む気が失せて結果二日酔いにならなかった…という話ではナイのん?
カロリー摂取が増える道に踏み込んだのね。
2017/04/21(金) 07:34 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
けをぬく!

二日酔い防止策として,
おさを飲む前に次の食品等の摂取が考えられる
 
 ①脱水防止→ミネラルウォーターなど
 ②アルコールの吸収を遅くする→ 脂肪分 オリーブオイルスプーン一杯 牛乳
 ③アルコールの代謝促進→かぼちゃの種,ウコン等
 ④肝機能強化→ブロッコリー,しじみ,タコ,イカ等

二日酔い防止の甲斐もなく,二日酔いになってしまったら…
おさけをぬくしかない。
おさけをぬくために次のことが考えられる。

 ①排泄→ブラックコーヒー,炭酸水等を大量に摂取する。
 ②発汗→唐辛子,ニンニク,カレー粉等を大量に摂取する。

二日酔いになってしまったら,
唐辛子入りのコーラを一気飲みすれば,一気におさけがぬけるかもしれない。

けをぬくのが一番!

2017/04/21(金) 17:28 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4129-97d6302c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック