fc2ブログ
調べてみたら、去年の12月26日、
『自由な機械』というタイトルで時間の狂ってしまう時計の話を書いた。
昼休みにチラ見するために百均で買ったデジタル時計だ。
なにしろ一日に5時間もずれて行ったりするのだから時計としては使えない。
その後、張り付けてあったダッシュボードから勝手に落ちたか、
ちづるが叩き落したので、今では助手席のドリンクホルダーに入っている。

この記事を書いた段階で、これはもう時計ではなかった。
しかし読書から睡眠に移るときにチラッと時間は知りたい。
そこで私は腕時計を車に置くようになった。
数年前に畑用に買って、ずっと忘れていたやつだ。
おそらく最終出勤日が28日だったから、今年の頭から始めたのだと思う。


さて、ずっと昔、ジムに行ったときにやっておくと具合のいいことというネタを書いた。
ベルトを取っておくとか、終わったら靴は車に置いておくとか、
ぞうりに履き替えるとか、5種目あったのだがコンプリートしたことがない、という話だ。
必ずどれか、あるいはすべてを忘れてしまうという悩みだ。
今回もそれに似たようなことだろう。


車の腕時計はダッシュボードのセンターにある薄っぺらい小物入れスペースにある。
ただしそのままだと時間が見えない。
なのでその小物入れの前に立てる。
説明しにくいが、小物入れから飛び出した感じでうまい具合にギリギリ立つのだ。
昼休みにはこれを見ながら本を読み、40分になったら昼寝に移る。

で、夕方。
タイムカードを打って車に乗り、会社前の信号が青になったら発信する。
すると時計が落ちる。
次の信号で室内灯をつけて時計を拾い、小物入れに納める。

これを今年になってから毎日必ずやっているのだ。
実家に行くときも、ジムに行くときも、スーパーに寄るときも、まっすぐ帰るときも、
か・な・ら・ず、時計は落ちる。
なぜならギリギリの位置に立ててあるからだ。
昼休み終わりか、車に乗った時に小物入れに納めないからだ。

これを確実に毎日繰り返し、初めて「はっ」と気づいて落とさなかったのが一昨日だ。
ようし、このことをブログネタにしよう、と私は思っていた。
なのにその日の夕方、財布を忘れてきて大騒ぎ、というブログネタができてしまった。
なので時計のことは忘れて、そちらをアップしてしまったのだ。

そう、昨日の「なんか忘れていることがあるような気がする」的なことはこれなのでした。






↑まだなんか忘れていることがあるような気がしているのだけどクリックしてね。




忘れとった
スポンサーサイト



『2022年版いぢわるカレンダー』年越してできてもないのに受付中

     ※

月曜日はコンビニで買い物をして実家に行く日だ。
なのにしくじった。
カバンを替えたのでカード入れを忘れてきたのだ。
エディカードがないと現金で払わなければならない。
セブンイレブンの支払い機でおたおたしてしまいそうだ。
曜日違いだけど、仕方ないからスーパーで買い物をしていこう。

火曜日はジムに行く日だ。
最近新しいパターンとして、ジム用のズボンで出勤することにした。
作業ズボンじゃないといけないと決められてはいないし、
ロッカールームでズボンを穿き替えると荷物がとても多くなる。
車や会社で穿き替えてみたりしたが、これが一番楽で、洗濯ものも少なくて済む。

ところが、夕方になったら良くない情報が入ってきた。
市内でコロナのクラスターが発生したというのだ。
これはジムなど行かない方が良いのではないか。
しかも寒いし。
なんで寒いかというと、ズボンが作業ズボンより薄いジム用だからだ。

ジムは急遽中止にした。
その代わり会社近くのショッピングセンターに行く。
ハイカカオチョコレートがなくなったので買わねばならない。
ついでに煎り大豆とゴマとカツオのたたきも買おう。

駐車場に車を停めて降りてから思いついた。
そうだ、百円ショップで実家の洗濯機を掃除する道具を買おう。
紙パンツの給水素材が中に散らかりまくっている。
深いから手で取るのは大変そうだ。
百円ショップに行けば何か役立つものがあるだろう。

と思ったところで気が付いた。
サイフを持っていない。
そうだ、財布は作業ズボンのポケットだ。

これでは百円ショップで買い物はできない。
仕方ないから食品だけ買って……と思ったけど、イオンカードもサイフだ。
じゃあお金をおろして……と思ったけど、キャッシュカードもサイフだ。
現金といっしょに使う可能性のあるカードはサイフに入れてあるのだ。
イオンカードはポイントだけもらう時もあるし、お金をおろしたらサイフに入れる。

カード入れにあるのは、エディカードにTカードにポンタ。
実家の買い物用のスーパーのカードと献血カードとガソリンスタンドのカード。
ガソリンだけ入れて帰ろう。

こんなありさまだったのだが、一つだけよかったと思えることがあった。
ジムに行かなかったことだ。
行ったところで入場券を買えないから入れなかったのだから。





↑もう一つ何かあったような気がしたんだけど忘れたわいクリックしてね。





逃げた
『2022年版いぢわるカレンダー』年越してできてもないのに受付中

     ※

私の枕元には寝る前に読む用の本がいくつか並べてある。
一番多いのは『ターザン』という雑誌で、栄養か筋トレの特集の時だけ買っている。
こう言う話題はどこからでも読めるし、どこでやめてもいいし、
すぐに眠くなるから寝床の本としてはふさわしいのだ。

それ以外にもいくつかの本がある。
中にはベストセラーと呼ばれている本もある。
例えば健康系なら『血圧を下げる本』
筋トレなら『筋肉体操』『○○の5分筋トレ』
アウトドアだと『ヒロシのソロキャンプ』などだ。

すこしだが、料理本もある。
有名なのは『ポリ袋でレンチン』だ。
これは実家で母にコンロを使わせないために購入した。
レシピ本はあまり楽しくないので、何度も読む気にはなれない。


ところが、このジャンルにとんでもないヒット作が現れた。
わざわざおっさんの私が紹介するまでもないのだろうが、
あまりにも面白かったので言いたい。
滝沢カレンの『カレンの台所』だ。
1400円もしたのに買ってしまった。

この本、レシピ本にあるまじきことに、各料理の作り方が文章で説明されている。
材料とか分量とか最初に記されていない。
そのくせ最後に『ps○○も入っていました』なんて書いてあったりする。

しかもその文章が無茶苦茶だ。
特に分量を表す表現が独特で、それがまた一番の笑いどころでもある。
寝床でレシピ本を読んでいて声を出して笑うなんてことがあるだろうか。
カレンさんはテレビでも料理をしているから知っている人は知っているだろう。
つまり、あれが面白いから本になったのだろう。


メインの文章の後に、見どころ部分がイラストになっていて、
最後に完成品の写真がどーんと出る。
それがなかったら料理本ではなくただの悪ふざけだと思うだろう。

ただし大きな嘘が一つある。
帯の惹句に、

『読んだら作ってみたくなる』

と大きく書いてあるが、そんな気にはならない。





↑ダイコンとサトイモばかり食べていますクリックしてね。





入れないで
『2022年版いぢわるカレンダー』年越してできてもないのに受付中

    ※

人間は年を取るとともに記憶力が衰える。
だからやたらモノをなくす。
その時に改めて感じるのだが、人は年を取るとともに『探し力』も衰えている。

ちょっと前まで私はカバンを二つ持って出勤していた。
一つはひもが一本のリュックで、のどシュッシュやノートなどの普段必要なものや、
ヤッケやライトなどのいざという時に必要なものを入れていた。
もう一つはエコバッグで、食料と飲み物だ。
ジムに行く日はこれにもう一つカバンを持つことになる。

これはじゃまくさい。
自分カバンと食料バッグは一つでいいではないか。
なぜならちょっと大きめのカバンにすればいいだけなのだから。
しかも私は衝動買いしたカバンを数多く持っている。

ちょうどいいのがあった。
巾着のように口の絞れるリュックだ。
しかも側面のチャックを開くと〝マチ”ができて収納量が格段に増える。
食料を入れていって、食べ終わったらチャックを閉めれば薄っぺらくなって持ちやすい。
よし、このリュックで通勤することにしよう。


それ以来、行方不明になったものがある。
母がサイフやカバンを失くしたときに、付けてある小型発信機をピピピと鳴らすボタンだ。
あれがないと母がサイフやカバンを失くしたときに見つけるのがとても大変になる。

確かあれもこちらのリュックに移したはずだ。
しかし、リュックの中にもポケットにも入っていない。
ひょっとするとベストかもしれないと思ってポケットを探ったがない。
仕事用ベストにもお出かけ用ベストにも家用ベストにもだ。
ポケットの中身置場にも当然ない。


しかし私は知っている。
探しながらいつの間にか何を探しているのか、いや、何をしているのかすらわからなくなって、
ただカバンの中をガサガサしているだけになっていることがあることを。
そういう時は目の前にそれがあっても、それに手が触れていても気が付かないのだ。

母がサイフやカバンを失くしたときがまさにそうだ。
探しながら「何を探しとるんやったかな」と言い出し、
気が付くと鼻歌を歌いながら見つけたものを違う場所にただ移動していたりする。


だから私は新しいカバンと前のカバンとベストと置場は何度も確認した。
で、探し始めてから三日目となる昨日、えらいことに気が付いた。
この新しいリュック、ポケットの前にもう一つポケットがあるではないか。
立体感のある大きいポケットにもう一つチャックがついている。

発信機のボタンはそこにあった。
このリュックはもう10年ぐらいは持っていて、しょっちゅう使っているのだ。
だからそこにポケットがあることも当然知っていて、当たり前だが見えている。
なのにそのポケットだけ見えていなかったとしか言いようがない。

探し力はどうやったら鍛えられるのだろう。






↑先日発表したカレンダーの表紙と1月、清書用紙を間違えていて描き直したよクリックしてね。




見えない
『2022年いぢわるカレンダー』年越してできてもないのに受付中

     ※

ウトウトと脳の活動が低空飛行を続けた後、睡眠という滑走路に着陸しようというころ、
突然スマホがけたたましい音を鳴らした。
何事かと飛び起きると、今度は外でサイレンだ。
起きて行ってテレビを見ると、津波警報というではないか。

そういえばお昼に火山の噴火のニュースを見た。
どうやらあれの影響の津波らしい。
振動が海を伝ってこんな時間に日本にたどり着いたのだろうか。
沖縄から北海道まで太平洋側全面一斉警報らしい。


警報、いつも我々は出されるばかりだ。
場合によってはこちらから出してみたい。


昼前に実家に行った。
母が謎の名刺を持っていた。
大阪のなんかの会社の営業マンらしい。
母は「魚を売りに来た」と言っているが、それはいつもの魚屋さんだ。
いかん、これは警報を出したい。

財布にお金がない。
調べたら魚のほかに、ヤクルトさんと灯油屋さんが来たらしい。
それとは別に、おこわがあった。
母は「誰かが持ってきた」と言っているが、それは誰や。
警報出したい。

注意報は出していたのにダメだった。
洗濯機に干してない洗濯ものが入っていたのでカゴに出してやろうとした。
紙パンツだ。
いや、紙パンツだったものだ。
洗濯槽の中はゼリー状のものが飛び散っている。
おそらく警報は私に向かって出ていたのだ。


帰宅した私はカレンダーを描かなければならない。
自分から自分に警報を出す。
いいか、伊坂幸太郎の『フーガはユーガ』がラストスパートのいいところなのだが、
読み始めてはいけないぞ。
読み始めたら最後まで読んでしまい、そのあと放心状態になってしまうぞ。

なってしまったなら仕方がない。
でもそこから覚醒しなければいけない。
ホットカーペットに横になっちゃいけないぞ。
寝ちゃいけない警報だぞ。





↑そういうわけでクリックしてね。





寝た