この土曜日は出勤だった。
となるとやらなければならないことは、すべて日曜にやらなければならない。
予定はたくさんある。
実家の買い物、バリカンが壊れたので電器店に買いに行く、はるちゃんの電気椅子。
そして夏野菜の植え付けだ。

もう苗が植え時になってしまっている。
おそらく、一週間延ばせば畑も草だらけになるだろう。
せっかく混ぜ込んだ肥料も薄れてしまう。
なによりも来週の休日が晴れるとは限らないのだ。

段取りを考えた。
いつも通り実家に行き、帰ってきてから昼食を食べて畑に行く。
その後、電気屋に行き、はるちゃんの電気椅子……

いかんいかん、そんなことができるはずがない。
家で昼食を食べたらすぐ横になってしまう。
目覚めてから着替えて畑に行く気力なんか残っているはずがない。
だからといって、外食して買い物と電気椅子の後で畑なんて余計無理だ。
これは、朝一番が畑で、実家行きを午後にするほかない。


実家にその旨を電話しておき、朝から苗と草刈機を持って畑に向かう。
うげあおぅ!車を停めるスペースが予想以上の草まみれだ。
とりあえず道路わきに車を停めて草刈機の御登場だ。
いや、この時間は『ワンピース』をやっているから、お隣のお子さんがかわいそうだ。
先に植えるスペースを軽く耕して畝を作っておこう。

30分ぐらいかけてテキトーな畝を3本作った。
もう『ワンピース』は終わったはずと勝手に決めて草を刈る。
車をこちらに移動させていよいよ植え付けだ。

3本の畝の真ん中にナス、右はシシトウとトマト、左はピーマンとミニトマトだ。
夏野菜はいろいろと贅沢を言う。
ともかく一本ごとに支柱を立てなくてはならない。
特にこの畑は風が強いので、弱い苗は揺さぶられて枯れてしまう時がある。

そこで私は考えた。
会社でレジ袋を買い、持ち手と底を切っておいたのだ。
できたのはポリ製の筒だ。
これで苗を囲い、4本の支柱でピンと張っておけば立派なアンドンになる。
風よけ虫よけになり、苗が大きく育ってから支柱を立てる。

トマトはすでに支柱が必要な大きさになっていた。
が、なぜだか畑にあるはずの竹の棒が無い。
それもそのはず、スナックエンドウのネットを張るのに使われている。
これを分解したり片づけたりしている時間はない。
しばってあるひもだけ切って、棒だけを抜き取ろう。

その方法で支柱を調達し、トマトを固定することができた。
えらいもので、支柱が無いのにネットと枯れたスナックエンドウだけで自立している。
これは来週片づけるとしよう。

なんでこんなに畑が荒れているのかと言うと、
去年の今ごろだったら仕事の後自転車で畑に来て仕事をしたりしていたのだが、
今年は毎日、仕事の後『はるちゃんの電気椅子』に行っているからだ。
しかも一ヵ月延長、まだまだ週末農業は続く。






↑叔父さんにジャガイモもらったのでクリックしてね。





仕事より辛い
スポンサーサイト
土曜、はるちゃんの電気椅子最終決戦の日。
私は出勤だったのでラインやメールで人を誘うしかない。

数日前から「オレは行かない」と言っていたスキンヘッド1号には30分おきにメール。
「旦那さま、本日最初のスケジュールは電気椅子です」
「今日の運勢『はる』に関連する人に合えば血がサラサラに」
「1号さん、土曜日あのスーパーに行ってないよね、あんただけアリバイが無いんだよ!」
こういうのを送っていたらお昼過ぎに「お前ヒマか」と返事が来た。

Tさんから連絡、
「今行ってみたら混雑していたので失礼しました」
どうやらたくさん集まっているようだが、ひとり逃がしてしまった。

本社の部長は情報を拡散してくれているようだ。
しかしお誘いメールにはなかなか返事が来ない。
私と同じく出勤だったSちゃんは行ってくれるらしい。
店長と奥さんも「行ってみようかな~」と言っているが仕事の終わり次第だろう。


夕方、行ってみる。
1号が端っこに座っていた。
はるちゃんに訊いたら数が微妙なところらしい。
この時間帯は谷間になって人が少ないのだが、これではいかん。
椅子を終えてから電話とLINEだ。

なかなか人が捕まらないところに、QちゃんからLINEがきた。
内容に関係なく「来て―」と送る。
Qちゃんも「私は行かないよ」と言ってた派だ。
でも「息子に訊いてみる」と言ってくれた。

外でスマホをいじっている間に、ちづると坊主頭Fが来たようだ。
Qちゃんも来てくれた。
息子さんを「スーパーまで送って」とだまして車に乗せてもらってきたらしい。
なにも知らない息子さんもそのまま電気椅子送りだ。

ずっとそこで待っているのも何なので、Fといつもの居酒屋に行った。
Fの話ではたぶん大丈夫だろうという予想だが油断はできない。
2~3人行けそうな人もいたのだが、飲み始めていると腰が重い。
それに、店のお客を連れ出しては営業妨害だ。

Qちゃんが来た。
あのあと姉一家も呼んでくれたらしい。
終了時間の8時を過ぎた。
当たり前だがはるちゃんは来なかった。


翌日、本社の部長からメールが来た。
「延長おめでとう」
そのスーパーに行ったので、のぞいてくれたらしい。
良かったー、自分で見に行くのはドキドキするからいやだったのだ。

何はともあれ、延長決定!





↑これで一ヵ月は仕事の後に畑に行けないけどクリックしてね。






お祝いだ
本社が倉庫の片づけをし、いらない紙がドッサリ出た。
それを社長が「なんとか売れ」と持ってくる。
しかも、ひと月分づつがパレットに積まれているのだそうだ。
先月『五月分』と書いたのがやってきた。
間もなく『六月分』がやってくるはずだ。

幸い今週はけっこう仕事の空き時間があった。
この、サイズも厚さも色も枚数もまちまちの半端紙たちを処分するチャンスだ。
A4やメモやコピー用などにして売った後の残り物の中から、
厚手で色の薄いものをなんとかしよう。
これらはお絵かき帳にするのが一番だ。

なぜかどっさりあった名前も知らない紙。
開封してみたら白くて厚くて鉛筆でも書ける紙だ。
ポンポンと切って表紙をはさみのり付けして背を巻いて化粧断ちをする。
これでお絵かき帳の完成だ。

ただ、今回のはおきて破りのお絵かき帳だ。
というのも、サイズがA4より大きい。
普通はA4のサイズがあればA4で売る。
百円ワゴンに乗せるならA4より小さく切ることにしている。

でもそれだと減らない。
だから大きいままで売ってしまうのだ。
しかも一冊100枚で、厚さが1センチを超えている。
表紙を入れるのがめんどくさかったので分厚くしたのだ。
これをセロファンで包んで百円ワゴンに乗せる。

めんどくさかったのだ。
だから2冊を1包みにしてしまった。
20包まなければならないところが10で済んだ。
夕方、それをワゴンに乗せて居酒屋に出かけた。

居酒屋でその話を女将さんにしたら、とても欲しいので明日買いに行く、と言う。
孫のお絵かき用なのだそうだ。
本当に翌日来た。
でも、そのときには一冊も残っていなかった。

申し訳ないのでまた作ることにした。
別の名前も聞いたことのない紙がどっさりある。
女将さんに5冊持ってってあげることにして、残りをワゴンに乗せておいた。
次に気が付いた時には売り切れていた。

昨日は月に一度の土曜出勤。
もうちょっと薄くてほんのり色の付いた紙があったのでそれをお絵かき帳にしよう。
250枚で一冊にしたら厚さが25ミリにもなってしまった。
これは一冊ずつ包むことにしよう。
これは『おえかきちょう』でなく『らくがきちょう』にしよう。

土曜出勤は交代性なので、本社の事務員の子が来ていた。
「先日はお絵かき帳をありがとうございました」と言われた。
包むのがめんどくさかったので、本社の子供がいる人用に届けてもらったのだが、
それを姪っ子にあげたのだそうだ。

だったら今日も作ったよ、ってことでほしいだけ持ってってもらうことにした。
半分持ってってくれることになった。
この方法が一番処分が進むようだ。
それにしても世の中、そんなにお絵かきの需要があるのだろうか。





↑筆の先でこちょこちょっとクリックしてね。






巨匠
はるちゃんの電気椅子延長計画はいよいよ大詰め。
ここまで目標の230人は達成できず最終日となってしまった。
となると結局、一日集中大作戦を決行するしかない。
なのに本日第三土曜日、私は月に一度の出勤日だ。

となると、電話、メール、ライン、口伝えしか方法がない。
これは相手によって前日に知らせた方がいい人と、
当日知らせた方がいい人がいると判断した。


まず、早めに言っといた方がいい人から連絡だ。
数日前から混んでいたので来なくなったスキンヘッド3号には丁寧に、
「また行ってやってくれませんか」と送る。
しばらくしたら「今行ってきました」と返事が来た。

本社の部長にはもう一度お願いメール。
優しい彼は、仲の良い営業先にも声をかけてくれるらしい。

O川が荷物を届けに来たので、本社のみんなに声をかけるようきつく言っておいた。
N岡にはLINEで「あなたは電気椅子に来る~来る~来る~」と送った。
まさかの「イコカナ」という返事。
上司Tには「メモ持ってったんやったら電気椅子来んかーい!」

落語を一緒に行く友人Fには最後の「またアレなの」と送る。
商店街に店を持つ女の子には「いよいよ最終日」で知り合いに声をかけてもらう。
以前行っていたジムで仲良くなったTさんには、事情を説明。
「また今度飲みに行きましょう」というのが社交辞令に聞こえないように、
水曜日にそのジムにも行ってきた。


夕方、Mえから今日はいけると連絡が来たのでスーパーで待ち合わせ。
ちょうどそこで買い物に来たスキンヘッド5号を捕まえた。
この人は居酒屋で電気椅子の話が出た時「似たのを持ってる」と言っていたが関係ない。
無理矢理引っ張っていってはるちゃんに引き渡す。
ついでにこういうことが嫌いなスキンヘッド2号も誘惑しておくようMえに言った。


さて、今日は当日、連絡しなければならない人がまだまだいる。
弟にも家族のよしみを強調しなくてはならない。
スキンヘッド3号には「ヘンタイエロオヤジのおねがい」と送ることにしよう。
スキンヘッド1号は「オレは行かないぞ」と言っていたから、
何人かで何回もメールの波状攻撃を仕掛けよう。

ちょっと難しいが、忙しいKちゃんとQちゃんには土下座の絵をつけてLINEで。
本社の倉庫係のNさんには、仕事で交換したLINEに初書き込みだ。
一回行ってくれたSちゃんは私と同じく出勤だが帰りに行ってくれるらしい。
私が帰る時には店長と奥さんにも声をかけていこう。
そして、土曜出勤の日に交代で来る事務員のAちゃんを連れていかねば。






↑おいでおいでクリックしてね。





ずるずるずる

雨の日















災いの日





↑昨日夜中になったのでクリックしてね。