夕方時間が空いた、というか作った。
筋トレをする日なのだ。
いつも、胸筋と広背筋を鍛える運動をするのだが、腕立て伏せばかりだと飽きる。
そうだ、今日の広背筋を鍛える運動はフォークリフトを使って懸垂にしよう。
久しぶりだから何回できるか楽しみだ。

などとずいぶん自由時間の多い仕事場に勤めているが、
世の中では人出が不足しているらしく、やたら募集広告が出ている。
私の通勤路でも、たくさんあるチェーン店がバイト募集のポスターを貼っている。

某牛丼屋さんには、制服を着た四人のスタッフが、
『私たちと一緒に働きませんか』とこちらに微笑んでいる写真が出ていた。
かわいくてさわやかでかっこよくてピチピチしていてシアワセそうだ。
なんて居心地のよさそうな職場だろう。
ああ、自分もこんなスタッフたちの仲間になって働けたら……

だが、長く世間の泥の中を這い回ってきた私は知っている。
彼らの仕事は牛丼屋での調理や接客ではない。
そのステキな笑顔とスタイルで、人に憧れられるような状況を演出し、
若者を誘惑するような写真を作るために撮影されるのが仕事なのだ。
そう、モデルだ。

本当の牛丼店のアルバイトはあんなにさわやかではない。
たいてい疲れていて、将来の不安と不特定多数との接触でストレスがたまり、
眉間に深いしわを寄せてうつろな目をしている。
以前どこかの居酒屋チェーンで注文をしたとき、
「はぁ。よろこんで」とため息混じりに喜ばれたことがある。

「いや違います。彼らは本当にウチの牛丼店に勤めている若者なのです。
 チェーン全体から選りすぐりのスタッフを集めたのです」

そう反論する企業もあるかもしれない。
だとしたら、彼ら彼女たちに言いたい。
全国数万人いるスタッフの中から選抜される容姿を持っているのなら、
さわやかに撮影される方の仕事に付くことができるぞ、と。
ひょっとしたら、モデルを目指して勉強中で、そのためにバイトをしているのかもしれない。


そんな事を考えながら進んでいくと、某お手軽大衆的イタリア料理チェーン……
ええいめんどくさい、某サイゼリヤがあった。
この窓にもバイト募集のお知らせが貼ってある。
ただしこちらはイラストだ。

もはや、ストーリーの主人公となってしまった眉目秀麗の男女。
目的は牛丼店と同じ、ステキな職場感だろう。
ただし、こちらはそもそもそんなスタッフは存在しないことがわかっている。
牛丼店と比べて憧れ度はかなり低いが、それ以上に予算を低く抑えていることだろう。
ひょっとしたら、全国に数万人いるスタッフの中で絵心のある者が描いたのかもしれない。

ただ、どうせ誰もこのポスターのキャラクターに注目したりはしないだろう。
興味があるのは時給の数字だけだ。
だって全国チェーン店なのだ。
店の雰囲気も仕事内容もたいていの人が知っているのだから。





↑牛丼店の人も怒らずにクリックしてね。






時給はないしょ
スポンサーサイト
車を点検出したから 今日の自転車折りたたみ
カゴがないから荷物は小さく ショルダーバッグにまとめましょ
スマホ 目薬 リップクリーム タオル メモ帳 老眼鏡
最後にソーセージをいれて それじゃ元気にいってきまーす


しまったあぁぁー!
リズミカルに出勤したもんだから、サラダ大豆を持つのを忘れてたー!
コーンフレークは先週食べ終わってしまったのだ。
とすると今日のお昼は、魚肉ソーセージだけ。
飢えるー!

そう言えば、出勤途中でちょっとコンビニに寄りたいような気がしていた。
だけど財布に小銭は88円だけ。
お札をくずすのはいやだし、エディカードを使ったのでは88円が減らない。
そんな妙な理由でコンビニに寄らなかったのだ。

とりあえず、会社にある食料を考えてみよう。
出だしの4行のリズムを壊したくなかったので書かなかったが、
カバンに入れていったトマトジュースは、会社に着いてすぐ飲んでしまった。
さっき書かなくて、もう飲んでしまっているなら書かなければいいではないか。

まず、腕立て伏せのあとに飲む紙パックの豆乳。
二日酔い予防のためのオリーブオイル。
マイ非常用避難袋に入れてあるワカメスープ。
飴。
ああ、避難袋に入れてあったカロリーバーは賞味期限が切れていたので食べてしまった。


思い切ってこれだけで過ごしてみようか。
なんだかんだで私もまだダイエット中の身。
魚肉ソーセージとワカメスープと豆乳だなんて、正統派ダイエット食ではないか。
今日の空腹をクリアしたら、ダイエットがワンランクアップできるかもしれない。

ああだけど、それではあまりに寂しいお昼。
せめて何かあと一品あったなら。
それでなんとかガマンができるのだけどなあ。


久しぶりに元上司Tがやってきた。
彼は定年を過ぎて嘱託で半日しか仕事をしない。
ウチの近くのパチンコ屋に来たついでに寄ってくれたのだそうだ。

手土産に持ってきてくれたのが、伊勢の名物『へんば餅』
表面に焼き目の付いた、あんこの入ったつるりとした餅だ。
興味のある人は検索してね。

これが一人に二個ずつ配られた。
空腹時でも、甘いものは別腹だ。
すぐに二個をつるりと食べた。
さて、考えなければならないことを考えよう。

ああ、せめて何かあと一品あったなら。
それでなんとかガマンができるのだけどなあ。





↑お昼にコンビニでお弁当買って、魚肉ソーセージも食べたのでクリックしてね。






人語を解する者は食えん
またもや車の点検の時期が来た。
以前は休日に車を預け、買い物なんかしてから取りにいっていた。
ところが最近は車ブームらしく、休日の予約がなかなか取れない。
そこで平日に持って行くことにした。
今日預けて明日取りに行くシステムだ。

ただし、預けてしまうと車が無くなる。
通勤は徒歩でも自転車でもいいが、車屋さんから帰ってくるのが大変なのだ。
歩くには距離があり過ぎるし、ちづるに迎えに来てもらうには待たなくてはならない。
そんなわけで、折りたたみ自転車を積んでいく。

当日の朝、ちょっと早めに用意をして畑道具を降ろした。
荷室が空いたら自転車を積む。
そのまま出勤して、会社帰りに車屋さんに行く。
自転車で帰ってくる。
しばらくしたらちづるも帰ってきた。


さてちづるさん、問題です。
わが家と車屋さんの間には大きな川が流れていて、4本の橋があります。
私はどの橋を渡ってきたでしょう。

1、車屋さんから一番近い度会橋。
  ここは車道が4車線で、片側にだけ歩道がある。
  ただし、家に帰るにはちょっと遠回りだ。

2、一番低い宮川橋。
  そして最も古いので、コンクリート製で欄干も低い。
  しかも、狭い割によく車が通る。

3、帰りに畑をちょっと見ることができる豊浜大橋。
  宮川橋よりは新しいが歩道はなく、自転車がいるとたまに渋滞が起きる。
  水面までも高くてとても怖い。

4、国道の宮川大橋。
  広い歩道があるので橋の下が見えず、怖くない。
  その代り、高いところを通っているので、ずいぶん上がらなくてはならない。

さあ、どれ?

「んーと、2番!」

「ぶぶー」

「じゃあ、1番?」

「ぶぶー」

「4番か?」

「ぶぶぶー、答えは3番でしたー」

「答えが当たり前なクイズを出すな!」

そう、これが最も当たり前のコースだったのだ。





↑で、今日は仕事終わってから1を通って車屋さん行きだけどクリックしてね。






人の心はわからない
台風後に畑に行ったら、ナスの木がすっかり倒れていた。
たくさん生っていた実はどれも傷だらけで、採ったけどおすそ分けには使えない。
うまくやれば復活するかもしれないが、次の野菜に切り替えた方が良さそうだ。
季節の変わり目がやってきたのだ。

暑さ寒さも彼岸までとは、昔の人はうまいこと言ったものだ。
パンツとランニングで寝ていると朝方には寒いような気温になってきた。
どうやら第一衣替えのタイミングがやってきたようだ。
今までノースリーブで出勤していたが、昨日から半袖のTシャツにした。

会社でもエアコンをつけないことにした。
そのおかげで、ジャマな大カーテンを閉めないで済む。
これを閉めてあると、冷房以外にも人に見られにくいというメリットがあるが、
いちいち出入りに開け閉めしなくてもいいということの方がありがたい。
商品も出しに行きやすいし、何より解放感がある。


しかし、時間が経つにつれなんとなく暑いような気がしてきた。
天気がいいので気温が上がってきたようだ。
もちろん仕事もして体を動かしているからなおさらだ。
エアコンの送風をつけた。

飲み物はお茶だ。
ペットボトルの水をひと箱会社に置いてあるので、それで水出しの緑茶を作っている。
この緑茶が昨日で最後だった。
さて、次を買うべきか、それともインスタントのコーヒーを淹れるべきか。

お昼ごはんは、家にあったパンを持ってきた。
ちづるが買ってきたチーズのパンだ。
サラダ大豆も用意していたが、真空パックの方が日持ちがするのでパンを食べた。
もちろん、+魚肉ソーセージだ。
コーンフレークは洗い物が出るのでもうやめた。


夕方になって手が空いてきた。
腰回し肩回しなどの準備運動をして、腕立て伏せを始めた。
手の幅を広くして広背筋を鍛えるのと、バーを使って胸筋を鍛えるパターンを、
それぞれ20回×6セットだ。
もちろん仕事中だから、メモ作りをしながらだ。

カーテンがないから事務所の子たちが来るとバレてしまう。
機械の裏でこっそりやっていたら、どんどん暑くなってきた。
そうか、今まで冷房の下でやっていたのだ。
グレーのTシャツだったので汗がよくわかる。

最後には汗だくになっていた。
これは着替えなくてはいけない。
水で濡らしたタオルで体を拭き、カラダスッキリシートでもう一度拭き、
置いてあったTシャツを着た。

考えてみたら、この置きTシャツはずいぶん昔に持ってきたものだ。
その間、着替えることがなかったのは冷房のおかげだったのだ。
濡れタオルと汗かきTシャツと靴下をレジ袋に入れてカバンに放り込む。
ずっしり重い。
なんか懐かしい感じがする。

あれ?
涼しくなってきたって話を書き始めたのに、なんか暑苦しいエンディングになっているぞ。





↑長袖や半ズボンの人もクリックしてね。






それの正式名称を知らない
いよいよ焼き鳥当日だ。
いつもの居酒屋でスキンヘッド1号と私が新しくできた焼き鳥屋に行く話をしていると、
バイトのAりとMえが参加してきた。
これは他の常連からしたら抜け駆け行為。
「こそこそしやがって」と怒られるパターンだ。

だからと言ってこんな楽しい集まりを、取りやめたり人を増やしたりはしない。
ウキウキする敬老の日、夕方畑から帰って仮眠をとった。
気力も体力も十分だ。
約束の七時が近くなってきたので家を出た。

私が一番乗りだったがすぐに1号が来た。
MえとAりも間もなく着くと言うので先に入っていることにした。
店内は新しくてきれいで、座敷が三つにカウンターという居心地のいい造りだ。
が。

カウンターの一番手前に座っている夫婦は、
旦那がいつもの居酒屋で女将さんに怒られてすねている、あの夫婦ではないか。
次いつやってくるかという賭けまでしたが、こんなところに来ていたのか。
とりあえず、状況をLINEでAりに報告した。

なんと私たちの座敷は一番手前、つまり夫婦の背中がお隣だ。
知らんふりもできないのでちょっと挨拶。
やってきたAりとMえも「あら~偶然」と愛想をする。
その後ご夫婦はすぐに帰って行った。


これはいかん。
あのご夫婦はおしゃべりだ。
間違いなく、いつもの居酒屋で我々のことをしゃべるだろう。
となると、2号が文句を言い、3号がすね、Kちゃんが切ながる。

待てよ。
ご夫婦の旦那はいつもの居酒屋にまだ来ていない。
このまま来なければ、この飲み会もバレないのではないか。
いや、逆にこれをきっかけに来始める可能性もある。
ううむ、悩ましい。


Aりのケータイが鳴った。
いつもの居酒屋のオーナーからだ。

「焼き鳥屋にあのご夫婦がおったやろ~」

なんとオーナー&女将さん一家がお食事をするのに、
「そうだ、あいつらがおるから」と、この焼き鳥屋に来てみたらしい。
で、入口にあのご夫婦が居たので止めたのだそうだ。
さすが田舎の世間は狭い。

料理はとてもよかったし話も弾んだ。
Mえが9時からのドラマが観たいというからお開きになった。
こういう終わり方はとても健康的だ。
そしてこの一週間がとても楽しみになった。






↑串ででもいいからクリックしてね。





コワゴワ食べないと