私は週に二回筋トレをしているが、ムキムキになりたいわけではない。
筋肉を大きくして代謝をあげ、脂肪を燃焼させてお腹をへっこめようという段取りだ。
しかし、筋トレの効果で筋肉が大きくなるとやはりうれしいもので、
鏡を見たり、その部分を触ったりしたくなってくるものだ。

こうなるともうやめることができない。
決められた日にやらないと、なんだか体の澱みができているような気がしてくる。
三日坊主でやめてしまうよりは、継続しているのはいいことに決まっているが、
筋トレにはある宿命が付いてまわる。
体が鍛えられれば、さらに負荷を増やしていかなくてはならないのだ。


私の基本は、あまり道具を使わないことにある。
なので中心は腕立て伏せだ。
腕立て伏せで負荷を増やすのは難しい。
手の位置を変えたり、休憩を減らしたりしてみたが、結局は回数を増やすことになる。
となると、どうしても時間が長く必要になる。

いろいろやることを増やしていった結果、どうしても1時間はかかるようになってしまった。
会社で仕事中に1時間も筋トレをしていると、どうしても誰かに見られてしまう。
それに、たまに忙しい日があると、それだけの時間がとれなくなる。
そこで決めた。
自宅で鍛えようと。

家で鍛えるなら帰ってすぐがいい。
ごはんを食べて一休みして、と考えているとついついおっくうになってくる。
帰ってすぐ、体がまだ動くことに慣れているときに始めるべきだ。
そうすれば、会社で汗をかいた姿のまま初めてもいい。
洗濯物を減らすことにも貢献できる。

幸い家にはダンベルがある。
これを使って、会社ではできなかった運動をすることができるようになった。
その逆で、困難になった運動もある。
広背筋を鍛える、引っ張る運動だ。
会社ではフォークリフトにつかまって引っ張っていたが、家では私の体重を支えるものがない。

それに家出するにしても時間制限はある。
7時にはちづるも帰ってくるので、ごはんを食べたいしビールも飲みたい。
結局できるのは1時間ぐらいなのだ。


だったらどちらかと決めなければいいのではないか。
夕方暇だったら、準備運動と腕立て伏せや引っ張り運動をして、
時間が来たら家に帰り、ダンベル運動をすればいいのだ。

いや、それどころか会社と自宅との間、通勤時間にも運動を取り入れればいい。
広背筋を鍛えるにはちょうどいいものがあるではないか。
私は、通勤途中にある公園に寄り、鉄棒で斜め懸垂をしてみた。
これは思いのほかハードで、かなり効果が期待できるような気がする。

ところが、ちづるに注意されてしまった。
麦わら帽にリュック姿でサングラスをした男が児童公園で運動してはいけません。
だからといって、絶対に学校に入ってはいけません、と。
まったく、大人の住みにくい世の中になってしまったものだ。





↑けっこうお腹へこんだことに気付かれるようになってきたのでクリックしてね。






懸垂はつらい
スポンサーサイト
私の住んでいる三重県伊勢市はなかなかにイベントの多い町だ。
振り返れれば『祭り博』で大騒ぎもしたし、
伊勢神宮の『式年遷宮』では数年にわたって行事が目白押しだったし、
つい最近では『G7』なんてニュースも世間を賑わした。
天皇陛下も首相も横綱も訪問される、由緒正しい土地なのだ。

そんな伊勢市が今揺れている。
ニュースにも記事にもならない些細な出来事なんだろうけど、
市民の心は今とても穏やかではいられない。
なぜなら、過去に何度も噂が流れた情報が、
やっと真実として市民に伝えられたのだから。

8月26日、市内にセブンイレブン初オープン!

以前、鳥取県に初スタバが開店したとニュースで伝えられていた。
行列ができて、その日の売り上げは全国で一番だったという。
そんな田舎チックなニュースを、わが県は笑えない。
三重県だって、たいていそういう全国区ものは後回しなのだ。


まず、一番に反応したのは、みそか寄席を一緒に行っている友人Fだ。
彼は食玩フィギュアを求めて県北部や愛知県までコンビニめぐりをした男だ。
もちろん今回の発表には激烈に反応した。
みそか寄席の帰りには、いつも一緒にサークル某というコンビニに寄っていた。
だが、そこから車でほんの数分のところにセブンイレブンができたのだ。

市内にできたセブンイレブンは同時に三店。
Fの近くの店は閉店した本屋の跡だった。
この水曜日はみそか寄席だ。
すでに寄席自体よりも、帰りのセブンイレブンに興奮している。
イレブン時に閉店していたなら行けないのだけれど。


店長の奥さんは、毎日お昼は自宅に帰っている。
その道中にもセブンイレブンができた。
「すごい混雑してたけど無理して寄ってみたわー。
 もう商品なんてほとんど残ってないのー」
そう言って、とりあえず入手できたメロンパンをくれた。

ちなみに、棚卸しの帰りにもらったシュークリームも、このセブンイレブンの商品だ。
どうやら、奥さんは“マイコンビニ”と決めたようだ。
たまに朝会った、ファミマにはもうこないのだろうか。


日曜日の午前中にはちづるも実家に行く。
私と同じように、お母さんを買い物に連れていくのだ。
もちろん今日も、私が実家に行っている間にちづるも行っていた。

とお母さんがいつものスーパーに行く途中で、
「セブンイレブン行ってみたい」
と言い出したそうだ。
一応前まで行ってみたが、駐車スペースがなくあきらめたらしい。

スーパーで買い物をした帰り、
「もう空いとるかもしれんから寄ってみたい」
と言われ、行ってみたそうだ。
まだ、駐車場はいっぱいだった。
今度歩いていくそうだ。


田舎だと笑うものは笑え。
だが、初代ゴジラが最初に上陸したのも三重県だったのだぞ。
セブンイレブンがなんだ。






↑夕方寝ちゃって夜寝られないので深夜に更新しちゃったけどクリックしてね。





数字ってややこしい
映画『シン・ゴジラ』を観てきた。
私はとても面白いと思ったが、まだこれからの人のために内容には触れられない。
ただ、この映画は大画面で観なきゃダメだってことと、
初代ゴジラからのテーマ曲は、今でも使える名曲だということだ。
なので、今日のネタはゴジラのBGMがかかっているつもりで読んでほしい。


そんな『シン・ゴジラ』だが、夕方には行きたくなくなっていた。
ともかくビールが飲みたかったのだ。
映画館に行くなら私の運転だから飲酒はできない。
しかしこの日は土曜日だというのに棚卸しで出勤なのだ。
一杯飲みたくなって当然ではないか。

しかも、今日本には台風が接近していて、日・月・火曜は確実に雨だ。
だから私は、
「今日はギョーザ屋さんに飲みに行って、映画は来週にしない?」
と提案した。
が、ちづるは手回しよく、すでにチケットを買ってあったのだ。


ここにもう一つ、天候に影響を受ける事態があった。
あれは先々週の日曜、私は畑に肥料と石灰を混ぜ込んでおいた。
それから二週間、この日曜にダイコンの種を蒔こうと段取りしていたのだ。
週前半には晴れの予報が出ていたので安心していた。
それが台風の接近でどんどん予報が崩れていく。

棚卸しをしながら会社で天気予報を見た。
いつの間にか土曜の夜から雨ってことになっているではないか。
この季節、来週だってどうなるかわからない。
よし、本日決行だ。

なのに種が買ってない。
私の予定では、金曜は早く帰って筋トレ、土曜の帰りに種を買い、日曜朝に蒔く、だった。
なにしろ日が短くなってきているので、畑に行くなら直で行きたい。
しかも自転車出勤したので、ホームセンターで種を買った後、
いったん帰宅して車に乗り換えて畑に行かなくてはならないのだ。

超フルパワーで畑を耕し、畝を三本作って種を蒔いた。
もう辺りは暗いし、汗だくで喉はカラカラだ。
帰宅して庭の植木に水をやっているちづるにギョーザ屋の話をしたという次第だ。
ああ、ビール飲みたい。

月曜は筋トレだし、火曜は台風最接近、水曜はみそか寄席だ。
いつ飲みに行ったらいいのだ。
この調子だと、映画から帰ってきたら必ずビールを飲むだろう。
映画の終わるのは11時半、カロリーをとってはいけない時間だ。

しかも、会社でべらぼうなカロリーを摂ってしまっている。
会社がとってくれた弁当、おっさんな私と店長は焼き魚を選んだが、
女子たちは山盛りで評判のから揚げを注文したらしい。
そのおすそ分けで、唐揚げが5個も回ってきた。
焼き魚弁当にも唐揚げはひとつ入っていたのに。

弁当がいらないから手ぶらで来たのでカバンも無く持ち帰れないし、
食べた残りを返すというもの困るだろう。
なので、がんばって食べた。
普段、煮豆と魚肉だけなのだから、かなりのカロリーオーバーだ。
しかも、夕方にはシュークリームが出た。

もちろん、映画帰りにコンビニでおつまみを買ってビールを飲んだ。
メインおつまみはゴジラの話だ。
いや、ゴジラの話にはビールが必要だったのだ。
ああ、ゴジラのようにエネルギーを放出できたら。






↑『部屋とTシャツと私』を何度もタイトルで使ってるけどクリックしてね。





珍しいアングルだ
「で、結果来た?」

と突然店長に訊ねられた。

「え? え~と、なんでしょう?」

わかっていたけど、とりあえずとぼけてみた。
もう普通に出勤しているから訊かれないと思っていたし、ちょっと答えにくかったのだ。
それほどおたふく風邪の血液検査の結果はあいまいだった。


お医者さんが言うには、
おたふく風邪の初期段階で上がるはずのナントカの数値が、ほとんど上がっていない。
なので、おたふく風邪でなかった可能性もあるのだけれど、
症状から診て、まずおたふく風邪で間違いなかったでしょう。
ということだ。

これを店長に伝えると、
「ええ商売やな」という感想だ。
つまり、調べるぞと言って血をとって、よくわからないという結果でお金をとる。
それでやっていけるとは羨ましい、というちょいとしたイヤミだ。


それはいいとして、どうして数値が上がらなかったのか。
いくつかの理由が考えられる。
まず、私の体に入ったおたふくウィルスがとても軽いタイプだったということだ。

おたふく風邪だったとしたら、私の症状は破格に楽だった。
大人のおたふく風邪はとてもひどいことになると聞いて怯えていたのだが、
現れた症状はおでき程度の肩すかしだった。
熱は6度9分からすぐ下がっていったし、腫れも二日ほどでほとんどなくなった。
目にも耳にも内臓にもタマにも何の影響も出なかった。

つまり、軽いタイプのおたふく風邪だから、症状も数値も軽かったということだ。
これはよく納得できる説だ。
カルピスを水で薄めすぎたら、味も栄養も薄くなる。
この例えの説得力も薄いけど、ともかくこれが私には一番ありがたい説だ。


もう一つ考えられるのは、お医者さんの言った『初期段階』という言葉だ。
確か最初の症状は水曜か木曜あたり、頬骨の後ろ辺りが痛くなったことだ。
診断によるとここは唾液腺のあるところで、ここも症状が出る位置らしい。
これが発症の最初だったとしたら、検査を受けた土曜は初期段階ではない。
だから、数値はもう下がった後だった可能性がある。

更にもう一つ、私がそういう体質だったということも考えられる。
私は風邪をひいても二日酔いになっても、めったに頭痛になることがない。
熱もほとんど出ないタイプだ。
おたふく風邪に強い体質だったら、当然症状は軽いだろう。
ただ、一生に一度しかかからない病気だから、そうだかどうだかわからない。


それにしても、この不確かさには困った。
私はおたふく風邪を済ませたのか、まだなのか。
軽かった軽かったとインドの祭りみたいに喜んでいるが、
もし今回のがおたふく風邪でなかったとしたら、
今度こそ地獄の大人おたふくになる可能性が残っているのだ。

どうなんだ、ワシ。
おたふく風邪の子供がいたら、接してもいいのか、遠ざけなければならないのか。
あああ医学よ、もうちょっとしっかりせい!





↑風疹も高校生の時だったけどクリックしてね。






奇病やがな
自転車に乗るのに、今のところわが国では免許はいらない。
補助輪が外せた段階で自転車乗りを名乗れるようになる。
こうして往来を自転車で走れるようになったらある意味プロフェッショナルだ。
ただし、自転車プロにはいろんなジャンルがある。

後輪だけで立ち上がってハンドルをグルグル回したりするプロもいれば、
泥の坂道をジャンプするようなプロもいる。
最近では急な山道を駆け下りるプロもいるようだし、
路肩のラインからはみ出さずに学校まで行ける、というプロもいる。

アクロバティックなジャンルだけではない。
子供二人と買い物かごを上手に運ぶプロ。
十二段ギアをうまく使いこなすプロ。
ひょっとしたらベルで音楽を奏でるプロもいるかもしれない。
私が一番尊敬するのは、パンクを直せるプロだ。


では、自転車というジャンルにおいて、私はどういうプロであるか。
荷台に荷物を縛り付けるプロだと言おう。
どの辺が一般人と違うのか。
私が使っている荷ひもは、あの片端が輪っか、片端がフックになっているゴム製ではなく、
普通のロープなのだ。

私の中では荷ひもには3ランクある。
凡人は今説明した自転車用ゴムひも、こだわりのある人はチューブのような黒いゴム。
そして最も技のあるレベルの人が普通のロープを使うのだ。
ホームセンターやスーパーで見たことないだろうか。
コンテナや段ボール箱をひもで縛りつけているおっさんを。


先日、野菜の水遣りをしに、畑まで自転車で行った。
ポリタンクをかごに、ジョウロを荷台に短いゴムフックでくくった。
途中の自動販売機で飲み物を買っていると、立てておいた自転車が倒れてしまった。
ポリタンクはボンボロボロンと草むらまで転がってってしまうし、
ジョウロは片方がはずれたゴムフックでぷら~んとぶら下がっている。

やはり適当なことではいかんと、ジョウロをかごに入れポリタンクを縛ることにした。
かごには常にロープが入っているのだ。
やったことのない人にはわからないと思うが、ポリタンクというやつはとても縛りにくい。
角がなくて滑りやすくて軽いので、縛っているうちにもぞもぞ動いてしまうのだ。
こいつを私はうまいこと縛る。

私のロープは片端がダブルフィギュアエイトノットで輪っかになっている。
これを荷台のフックにひっかけ、ポリタンクを超えて反対のフックにロープを伸ばす。
このフックにはひねって引っ掛け、後ロープが先ロープを押さえるようにする。
X字にロープが渡ったら、最後は今のやり方を二重にし、
余ったロープをXの交点に結んで完成だ。

ほうら、こんなにキッチリ。
って、何も説明できてない~
しかも、自転車とあまり関係ない~






↑ヒモ業の人もクリックしてね。





牛よりつかまえやすい