コカブの畝を耕してチンゲンサイと辛みダイコンの種を蒔きビニールのトンネルを掛け、
ダイコンやミズナが植わっていたところを天地返ししたい。
だから午前中実家で親父に「昼から畑か」と訊かれた時に「そうだ」と答えた。

親父は私によくそう訊く。
たいていそういう時は「大きな風呂に行きたい」「メガネを作りに行きたい」
「ケータイを買い換えたい」「太鼓見に行きたい」などと言い出すのだ。
そんなことをしていたら私の一日が終わってしまう。
しかも、自分でタクシーで行けるくせにそう言うのだ。

もし、これを聞いてそこへ連れていったら、私は家来のようにこき使われる。
医者にも「できることはなるべく自分でするように」と言われているし、
どんなところでも平日の昼間に行った方が空いているに決まっている。
母にもそう言われるのだが、絶対に自分では動こうとしないのだ。


この日は母を買い物に連れて行ったあと、スーパーのお寿司をお昼に食べた。
食後、私は少しホットカーペットのある部屋で休憩をする。
転がってテレビを観たり、ツイッターを読んだり、
帰りに車で歌うために、スマホの曲順を変えたりしている。

ここで気をつけなくてはならないのが、帰る時間だ。
1時になるとNHKのドラマが始まるので、それまでに帰らないと待たされる。
ほんの一瞬、「うとっ」としてしまった。
いかんいかん15分前だ、帰る用意をしなくては。
で、食卓の方へ戻ったら、ドラマのオープニング曲が流れていた。

どうやら私はまちがっていたらしく、ドラマは1時に終わるようだ。
そのまま帰って来てもよさそうなものだが、実はそうはいかない。
栃木の親せきから送られてきたラッキョとイチゴ、
それに母と分ける予定のサンマの干物とアゲをもらわなくてはならない。


ということは、実家を出たのが1時過ぎ。
家に着いて30分の落語を聴いたのだから2時頃だったのだろうか。
目が覚めたら5時だった。
人の睡眠のサイクルは90分だというから2サイクル寝てしまったようだ。
私の一日が終わってしまった。

いや、まだ何かできることがあるはずだ。
そうだ、某氏にもらった筋トレの道具を組み立てよう。
できた。
使ってみようかと思ったが、起き抜けに筋トレなんかして体を痛めてはいけない。
それにもう日が暮れかけている。

とりあえず、説明DVDを見よう。
そうしていたらちづるが帰ってきた。
なんとつまらない一日だったのか。
今日が日曜でよかった。

今日は、コカブの畝を耕してチンゲンサイと辛みダイコンの種を蒔きビニールのトンネルを掛け、
ダイコンやミズナが植わっていたところを天地返ししたい。
と思っている。






↑説明DVDがまた眠くてクリックしてね。





何も伝わらない
スポンサーサイト
いつもの居酒屋のバイトMえは、長い時間をかけ苦労して資格を取った。
それを生かし、やっと就職することができた。
今週の初めから仕事に行くようになり、今は人について研修をしているようだ。
休憩時間が決まっていない仕事なので、
「やっと休憩~」などと妙な時間にLINEが来たりする。

いつもの居酒屋のもう一人のバイトAりはパンマニアだ。
和食のおかずでも主食はごはんよりパンがいいというほどだ。
おいしいと聞いたら遠方のパン屋さんまで買いに行ったりしているらしい。
そんな彼女が、私の以前の職場近くにあるパン屋『とんちん』を知らないなんて。
常連のおっさんたちも知っていたのに自分だけ知らないのでとても悔しがっていた。

私は昼休みにツイッターを眺めたあと、20分ほど本を読む。
いただき物の本が大量にあるので読む物に困ってはいないが、
贔屓の伊坂幸太郎の本が出ているのを見かけて買った。
久しぶりの短編集だ。
彼の短編は一話一話が関連していたりするので、一日一篇ずつ読んでいきたい。


Mえの就職が決まり、朝は早く出勤しなくてはならないので、
バイトのシフトを火・木・土から一日減らすことになった。
「木曜にMえが休みなら、ワシも休もうかな」とLINEの返事を送ったら、
「こみも休みない」と返事が来た。
そんなことをしたら絶対に「Mえがいないとこみは来ない」と言われることだろう。

『とんちん』の営業時間はややこしい。
月・火・水が休みで、朝7時から売り切れまでの営業だ。
だいたいいつも5時前には売り切れてしまうらしい。
Aりは金曜が休みなので、その日に行って来たらいいと教えてあげたのだが、
「初めての店に一人で行けない」などとしおらしいことを抜かすのだ。

伊坂幸太郎の短編は、一篇が50ページ弱だ。
読みやすいので、私のお昼の読書時間でも無理をすれば読み切れないこともない。
第一話、第二話はなんとか時間内に読むことができ、40分から昼寝ができた。
しかし、第三話は時間内に読み切れなかった。
Mえが「お菓子もらった」とかどうでもいいLINEを送ってくるからだ。


Mえが居ないからという理由ではないが、木曜にはいつもの居酒屋に行かなかった。
本当は木曜は家で『プレバト』を見たいのだ。
金曜日は見たい番組が無いし、AりとKちゃん二人が居酒屋にいる。
どうせなら、女子が二人いる日に行った方が有意義ではないか。
そうだ、Aりがいるのならいいことを思いついた。

木曜は飲みに行かなかったので、家でもお酒を控え、早めに寝床に入った。
金曜の朝、いつもの仮眠をとらずに7時40分に自転車で家を出た。
『とんちん』でパンを買ってって、Aりを驚かしてやろうという作戦だ。
会社とはずいぶん方向が違うが、以前通勤していた近くだから時間の計算ができる。
そこから会社までは、同じぐらいの距離だから、この時間に出発したら余裕があるはずだ。

余裕を持ちすぎたのか、ペダルを踏む足が軽快過ぎたのか、
パン屋経由でこんなに遠回りしたのに普段より15分も早く会社に着いた。
店長は車でスマホをいじっていたが、入口の鍵はまだ開いてない。
私は裏に自転車を停め、その横でツイッターを眺めて時間をつぶした。
読み終わって表に回ると、入口が開いていていつもの出勤時間になっていた。

昼休み、ツイッターを読んであるので、その時間に昨日の短編の残りを読んだ。
読み終わって普段の読書開始時間だ。
そこからちゃんと次の一遍を読み終わった。
40分から安らかに昼寝ができた。
本日は、なんだかんだで帳尻が合ったというお話でした。





↑本のタイトルは『アイネクライネムハトモジーク』なのよクリックしてね。






足あるぞ
私は几帳面なA型だ。
そこらへんに衣類が脱ぎ捨ててあったり、あちこちにメガネがあったりするがA型だ。
どういった面を几帳面にするかを厳格に決めてある几帳面さなのだ。
だから、どうでもいいと判断したことには全く気を遣わず、
世間がどうでもいいと思っていることにこだわったりする。

少し前から、脱ぎ捨てた衣類なんかより気になっていることがある。
この左の枠にある『カテゴリー』だ。
私が決めたジャンル分けなのだが、この数字にとてもバラツキがある。
これがどうも気にいらない。
ピッタリとはいかないだろうが、大体似た数字になってもらいたい。

一番多いのは『ある日の出来事』だ。
以前は『今日の出来事』にしていたのだが、そうすると昨日の出来事しか書けない。
今日あったよ、ってことを翌日書くのだから。
そうすると、三日前のことはもう『懐かしの話題』なのか。
こちらは増やしたいところだが、数日前のことを懐かしいとは言いにくい。

そこで、ではないが『ある日の出来事』から『居酒屋で』を分離独立させた。
なにしろ居酒屋でも出来事が圧倒的に多いのだ。
本当はもっと過去記事をこちらに移動させたいのだが、
人生の中でそんな無駄な時間があるだろうか、と思ってやらずにいる。
定年退職したら始めるかもしれない。

次に多いのが『世間話』そして『ワシのこと』と続く。
まあ妥当な線だろう。
世間のことと自分のことなのだから多くなる。
というか、世間に対して思ったことや自分にあった出来事を書くのがブログだ。

最近増えているのが『エンターテイメント』だ。
本当は自分の好きな本や音楽、芸能人などのことを書こうと思っていたが、
そんなに発信したいこともないということに気が付いた。
この増加傾向はオリンピック頼りとしか言いようがない。

『身内のこと』は失敗した。
どちらかというと身内のことなんて公表したくないのだ。
となると、誰か身内が面白いことをしてくれないと書くことが無い。
しかも、ちづるに面白いことがあると『ある日の出来事』に書いてしまうのだ。

『健康』と『家庭菜園』はどちらも趣味のことだ。
家庭菜園は野菜のことだからわかりやすいが、
『健康』はほぼ、ダイエットと筋トレのことだ。
考えてみたら『食』も趣味のひとつかもしれない。
これが一番楽に書けるカテゴリーだ。

『懐かしの話題』は子供のころの出来事や見てたテレビのことを書きたかった。
『納得できん』は世間に対して腹が立ったこと。
そこから下は特殊なカテゴリーたちだ。
特別な場合にしか使われない。
だからこの辺は数にこだわらない。


やはり問題は『寝る』だ。
こんなカテゴリーが存在してていいのか。
しかしこれが我がブログの特徴でもあり、駆け込み寺でもある。
ここだけは増やしちゃいけないと思っているのだが、なんだか着実に増えている。

あ、困ったな。
この今日のネタ、どのカテゴリーに入れたらいいんだろう。
『ワシのこと』であるには違いないんだけど、多いところは増やしたくない。
やっぱりここは『未分類』か。
でも『未分類』はちょうど150なのよね。
A型だからちょうどいいとそのまま置いときたくなるのよね。






↑もう一度一からやり直したいクリックしてね。





ホントはふとんを描きたくない
やった、一位だ。
日本のパシュートチームがオリンピックで金メダルを獲った。
パシュートってなんだ?
パシューッと滑るからパシュートだ。
言わなきゃ気が済まないから言っちゃった。

パシュートとは、三人一チームでタイムを競うスケート競技だ。
トラックのこちらとあちらでスタートして、
何周か回って一番後ろの人がゴールした時点でのタイムを競う。
なんでそんな競技を始めたのかわからないが、
ともかく冬のオリンピック競技の中では気にいった。


今回のオリンピックでもときどきニュースを見ながら思っていたことがあった。
冬の競技ってルール的にスポーツ的スッキリ感が少ないのではないか。
なにか公平性に欠けるというか、繊細さが足りないというか、
百分の一秒まで測ったりする癖にキッチリしてないところがある。

まず、スキー競技は軒並みダメだ。
相手が雪だから各大会ごとに環境が違う。
まったく同じコースを作ることは不可能だから、世界記録に意味がない。
マラソンと同じで世界最高タイムが出たとしても、
その選手が世界最速とは言えないのだ。

ジャンプだって距離だけ競えばいいのに飛形点なんてものがある。
フィギュアスケートなど得点制の競技はどうしても採点に不満が残る。
どうして距離を競う競技にそんなシステムを持ち込んだのか。
モーグルでもタイムを計っているのにジャンプしたりする。
どっちかにできなかったのか。

つまり、陸上競技や水泳のように、どの大会で記録を出しても認められるような、
各大会ごとの同一性が冬の競技にはあまりないのだ。
雪の上がダメ、採点競技がダメとなると、氷の上の競技しかない。
だけど、どうもそれもおかしいところがある。

例えばカーリング。
もうみんなが当たり前に言っているけど、先攻後攻で有利不利があるらしい。
それではスポーツとして公平でない。
最初のじゃんけんで、ハンデがついてしまうようなものではないか。

スケートでも不満はたくさんある。
名前もわからないけど、小さいトラックをグルグル回る競技。
あれ、なんでもっと広いトラックでやらないのか。
あんなの抜かせるはずないではないか。
そのくせ接触したら反則だとかいうから見ていてつまらない。

一番メインであるはずのスピードスケートが妙なことをする。
なんか途中でコースの内と外が入れ替わるのだ。
こうすることでウチも外もないから公平ですって言いたいのかもしれないが、
余計にややこしいわ。


その点パシュートはきっちりしてる。
あっちとこっちすべるから、敵同士の接触が無い。
環境もまったく同じで競技ができる。
ゴール位置が一線にそろっているから、見ている方に勝ち負けがわかりやすい。
だから優勝の瞬間も見ていてとても気持ちよかった。

何で他のスピード競技もあの方式でやらないのか。
なんだったらフィギュアスケートもあそこでやって、
ゴールラインのところでジャンプしてくれたら見やすいのに。





↑金がもらえるようにクリックしてね。






雑にもほどがある
何が良くないって、一日おきに飲みに行き、残りの一日おきに家で飲むことだろう。
お酒を飲むことが悪いわけではない。
居酒屋に行って飲む場合、良くないのは閉店まで居てしまうことで、
家で飲む場合に良くないのは、酔っ払ってホットカーペットで寝てしまうことだ。

これでは人生が短くなってしまう。
いや、死んじゃうっていうことではなく、
意識のある時間が短くなりすぎてしまうという問題なのだ。
家で何かをするということがあまりにも少なくなってしまった。


そこで私もちづるもいろんな方策を練っている。
ちづるは味ごはんをよく炊くようになった。
私は味ごはんが大好きだ。
味ごはんがあったら、弁当に味ごはんを持って行き、夜にも残った味ごはんを食べる。
これで食べるごはん量を増やし、飲む量を減らすのだ。

この作戦で。、半分は成功し半分は失敗となった。
まず、弁当を入れるのが楽になり、多少飲む量が減ったと思える。
しかし、ごはんつまり糖質をたくさん取るので太ってしまった。
しかも、居酒屋に行くとき弁当箱じゃまだ。
とりあえず、味ごはんはおいしいので、当面は続けることとなった。


夕食麺類大作戦も実行している。
テレビを観ながら何かをつまんでお酒を飲むといつの間にか深酒になっている。
そこで先に夕食としてうどんやそばなど麺類を食べることにした。
私は麺類が大好きだ。
麺類を作ればためらうことなく食べてしまう。

さすがに麺類はお腹が膨らむ。
それを見込んで、野菜とスープたっぷりとろみをつけた麺を主流にしている。
今の時期暖かい麺類はたまらない。
たいてい、それだけ食べたらそのあとお酒を飲もうと思わない。

が、麺類は消化が良い。
しばらくしてから小腹がすいて、一杯飲みたくなってくるのだ。
そこで効果を発揮するのが『高い焼酎』作戦だ。
普段買う最低価格の焼酎ではなく、ちょっと高級な泡盛を買った。
これならもったいなくてたくさん飲まない作戦だ。

これはけっこう効果があった。
ここにかぶせていくのが『ゴボウ大作戦』だ。
お酒を減らす作戦で太ってしまったのでは不健康だ。
おつまみ用にゴボウの煮物を作るのだ。
これなら多少たくさん食べてもヘルシーで、翌日お通じが良い。

この『ゴボウ大作戦』をさらに発展させた作戦を考えた。
『小粒ゴボウ大作戦』だ。
ゴボウとささみとコンニャクを細かく切って作り置き惣菜として炊くのだ。
おつまみはこれだけにして、食べるときは爪楊枝で食べるのだ。
そうすれば、摂取カロリーがとても少なくなるはずなのだ。

ちなみに『小粒ゴボウ大作戦』はまだ実行していない。
ちづるにゴボウとささみとコンニャクを買ってきてもらっただけだ。
というのも、私は飲みに行っていたからだ。
ちゃんと閉店まで居たのだからえらいものだ。





↑最近のお昼はごはんとワンタンスープでクリックしてね。






未来の話