FC2ブログ
来月から職場に新しい人が来ることになった。
先日面接があったことは聞いたが、採用になったらようだ。
情報では、接客や事務をしてもらう40代の女性らしい。
この人が10時に打ち合わせに来るという。


となると顔合わせがあるはずだ。
おめかししなくてはいけない。
いや、おめかしはしなくても、最低限ちゃんとした人に見られたい。
なにしろ今の私は風邪ひきで声はガラガラ咳がゴホゴホだ。
マスクはしたままでいいだろうか。

顔見せなのだからマスクは取るのがマナーだろう。
だが、マスクをせずにゴホゴホやっていたら第一印象が悪くなりそうだ。
ひょっとしたら、
「風邪ひきの癖にマスクもしないマナーのできてないやつ」
と思われるかもしれない。

のどシュッシュとのど飴で、咳き込むことさえ避けられたら、
ハスキーな上に鼻にかかった甘い声、と思ってくれないだろうか。
10時ぐらいというと案外調子のいいころだ。
やはり朝一とお昼明けはガラクタ声なので、ケアをしていい方に持って行きたい。


とはいえ、マスクの中身のケアはできているのか。
そういえば、鼻毛をずいぶん切っていない。
風邪の時は気を付けないと鼻水の水滴が白く見えたりすることがある。
でも、今から鼻毛を切っていて社長が来たら「なにやっとんや」ってことになる。

はっ、そう言えば、前歯が少し欠けているのだった。
ちょっと前に上右前歯の角に違和感を感じていたのだが、
風邪をひいてしまったから歯医者が後回しになっているのだ。
鼻水たれて、前歯が欠けてて、目がうつろだったら、まるでロボパーではないか。

となると、少しでも賢そうに見せるためにメガネは掛けていた方がいいだろうか。
本当の私はメガネを掛けていない姿だ。
しかし、ここのところ、会社でメガネを掛けている率は増えている。
もしメガネを掛けるとしたらマスクは無しだ。
マスクをしてメガネが曇っている人に紹介されたら、誰でも用心するだろう。


ふと気が付いたら10時だ。
ゆで卵を食べる時間だ。
違う違う、社長も来ているのにつまみ食いしててどうする。
いつ来ても良いようにダンディでなくてはいけない時間帯だ。

と、店長と社長が事務所から出てきて私を呼んだ。
おとなしそうな女性がいて、私のことを説明する。

店長「この人がちょっと怖い人で」

社長「優しくしたってな」

店長「うるさいこというから気を付けて」

社長「怒鳴ったらいかんよ」

自己紹介をさせんかい!


結局、メガネもマスクも外していた。
頭の布は巻いたままだった。






↑あちらの顏はむきだしだったのでクリックしてね。




顔描くな
スポンサーサイト



なんだか風邪気味だ。
帰りにサウナで汗とともに老廃物を流してこようか。
どうせ汗をかくなら、予定通りジムに行くか。
それより早く帰宅して、プラグトレイの苗をポットに植え直そうか。

てなことを考えながら仕事をしていたらどんどん具合が悪くなってきた。
昼食のサラダチキンと魚肉ソーセージは食べられず、
食パンを半分とゴマスープだけでギブアップした。
お湯を入れたボトルを抱いて車で寝た。

午後、発送の荷物を作りながら、これだけ終わったら早引けさせてもらおうと思ってたら、
店長の奥さんが「具合が悪そうだけど…」と声をかけてくれた。
で、2時半に早退した。
秋晴れの気持ちいい午後、この時間なら苗の植え替えが…
いや、いっそ畑に行って、などと考えたけどやはり寝よう。


「風邪悪化で早退した。ポカリ、ハチミツ、伊勢うどんを頼む」
とちづるにLINEして寝た。
寝汗をかく可能性があったので、パジャマを出して着た。
3時から7時まで寝る。

ちづるが帰ってきたので起きた。
少し楽になった気がする。
体温を計ってみたら37.1℃。
ちなみに私は平熱が36℃以下だ。

月見伊勢うどんで夕食。
その後ハチミツショウガ湯で薬を飲んでまた寝る。
ちづるが毛布を掛けてくれたので暖かい。

11時半、寝汗たっぷりで目が覚める。
シャワーを浴びて着換える。
再び寝る。
寝るときは常に、のどシュッシュをしてヴェポラッブを塗ってマスクをしている。


今朝、普段通りに起きる。
熱を計ってみる。
36.3℃。
よし、出勤しよう。
長袖で。






↑靴下も履くようにしようクリックしてね。




コピーじゃないよ

なんだか風邪気味だ。
だから、飲みに行っても早く帰ることにしよう。

いつもの居酒屋に行くと、すでにキャップさんがいた。
それからスキンヘッド1号が来て、平林が来て、坊主頭Fと友人が来た。
メンバーとしては理想的だ。

みんなで「寒くなったね」などと話していた。
「寒くなると日本酒がいいね」
「だけど日本酒は毒だね」
などという会話になった。

話をすると飲みたくなるものだ。
キャップさんは熱燗を飲み始めた。
私も一杯だけ冷や酒を飲むことにした。
私は冬でも冷や酒派なのだ。

「冷や酒もうまそうですね」

とキャップさんが言い出した。
一杯飲んでみようと注文した。
彼の飲み方は尋常ではない。
瓶ビールを飲んでから、熱燗とチューハイと冷や酒を並べて飲んでいる。


やっぱりキャップさんが壊れた。
こんな彼を見るのは初めてだ。
オーナーを呼んで、連れて帰ることにした。
私も付き添いだ。

家の近くに行ったのに、どこが家だか言わない。
真っ直ぐ歩くどころか、立っていることさえままならない。
靴も片一方ない。
キャップさんの家を知っている1号に電話をして、家の場所を聞く。

やっと家を白状した。
彼を玄関先に置いて店に戻る。
Mえが掃除をしているではないか。

やはり日本酒は毒だ。
私も二杯しか飲んでないのに今朝はこんな状態だ。






↑これからコーヒー党になろうクリックしてね。




頭痛い
朝、ちょっと早めに家を出て鈴鹿市のショッピングセンターを目指す。
早く家を出るのは、混雑が始まる前に食事をする店に入りたいから。
なのに道中で高速代をケチったため渋滞にハマり、
雨のせいで屋根のある駐車スペースはいっぱいでオロオロしてしまった。

レストラン街に着いたのは、もう11時半に近いころ。
和食処は既に名前を書く紙が出されていたし、カレーうどん屋には行列ができていた。
ふと見ると、珍しくパスタ屋さんの前に行列がない。
「どの店でも選べるとしたら?」という途中の会話でちづるが選んだ店だ。
私はそんなにパスタ好きではないのだが、せっかくなのでそこに入ることにした。


案内されて席につく。
水はセルフサービスだそうだ。
メニューが3枚もテーブルに広げられる。

しまった!
メガネを忘れてきた!
車は4階屋上駐車場だし、家からメガネを持って出た記憶はない。
3枚のうち、おそらく今オススメであろう『チーズたっぷり』のメニューだけがなんとか見える。
なぜなら、大きなメニューに2品しか掲載されていないからだ。

もう一つのメニューは1枚ではなく、1冊というべき頁物だ。
試しにペラペラとめくってみたが、『老眼お断り』と書かれているとしか思えない。
幸いちづるが興味を持ったのは残る1枚のメニューだ。
なにやら小さいピザとのセットとサラダのセットが紹介されているらしい。
パスタは12種類ほどの中から選べるようだが、この写真が小さい。


おっさんにとってパスタとは、ケチャップで炒めたスパゲッティだ。
だからぼんやりした枠の中で赤く見える4つをちづるに読んでもらった。
なぜ、全部読んでもらわないかというと、いちいち名前が長いからだ。
ここがパスタの嫌いな所だ。
『カツカレー』とか『親子丼』といった単純明快なネーミングになっていない。

赤い4種は、
『ベーコンとアスパラのトマトパスタ』
『ドライトマトとブロッコリーのナントカ』
『なんとか貝となんとかのナントカ』
『なんとかとなんとかのナントカ』
ベーコンとアスパラだけ覚えていたのは、もちろんそれを選んだからだ。

色以外にもう一つぼんやり見えたものがある。
値段の桁だ。
なんと、赤い茹で麺が千円以上もするのか!
ちょっとでも安いサラダセットにした。


食事を終え、水を飲んで席を立つとき、コーヒーとか飲まなくていいのかちづるに訊いた。
確かメニューの一番上の大きな写真には飲み物が付いていたはずだ。
でも、自信がなかったのでそのままレジに向かった。

ちづる曰く、
「ホントや、レシートにドリンクバーってあったわ」

見えてなかったんか!






↑で、このショッピングせンターでは老眼鏡しか買わなかったけどクリックしてね。




やけどするな
台風一過、連休二日目、青空三昧の日曜日。
車に入れてあった苗と草刈機を出し、スーパーの開店時間に着くするように家を出る。
ネギ、とうふ、漬物、ファンタ、茶碗蒸し、いなりずし、サトイモ、お菓子、
などなど、本日はお任せなので実家で必要そうなものを選んで駆け足でカゴに入れていく。

実家に到着。
母が洗濯物を干していたので、買ったものを分類して片づける。
ついでに冷蔵庫をチェック。
横浜で買ってきた土産が残っていたので早く食べるように指示する。

で、速攻で帰宅。
玄関に入れてあった植木鉢を外に出す。
そうこうしていたらお昼になった。
自分の実家の様子を見に行っていたちづるが帰って来たら昼食に出かける。
午後はなんとしても物置を組み立てなければならない。


食事帰りに畑の様子を見に寄って、帰宅後15分の昼寝。
ちゃんと起きた。
私が説明書を持って出て、基礎となるブロックを並べている間に、
ちづるが廊下に並んでいる各パーツの梱包を切る。

まずは並べたブロックに床を乗せる。
位置を決め、付属の水平器付き六角レンチでネジを絞って水平を取る。
決まったら左壁だ。
接続部を組み合わせ、ちづるに抑えてもらってネジを締める。
これが固くて長いので、自前のラチェットレンチとプラスドライバーを出してきた。

後壁、右壁を同じ要領で接続し、屋根を乗せる。
中の棚を組み立て、扉をつけたら完成だ。
と、文章にすると簡単そうだが、同じことの繰り返しなので端折っているだけで、
完成したのはもう4時だった。

それから長い間玄関や裏の軒下に置いてあった物を、
物を置くための“物置”に移動する。
新品の美しい物置に不要な物は似合わない。
厳しいチェックをしていらないものは捨てるのだ。

廊下も玄関も軒下もなんてサッパリしたことか。
駐車スペースにコンクリを打った6月以来の懸念が片付いたのだ。
サッパリするともっともっとサッパリしようと欲が出る。
余っているバケツも使わない藁切りもアサリ掘りの熊手も捨てることにした。

すぐに捨てられるものを捨てに行き、食糧を買って帰宅した。
眼医者、ドブ掃除、に次いで気がかりな要素が片付いて、ダイエットが成功したような気分だ。
よし、この勢いで衣替えをしよう。
アロハシャツとタンクトップをしまって、厚手の半袖Tシャツを出した。
今日は秋の装いで、次の懸念、Aりの誕生日のプレゼントを買いに行くのだ。






↑晴れたら畑の作業がしたかったのだけどクリックしてね。




怒られるかも