私とAりはパン友達だ。
このように『○○友達』というくくりを作ると女子と仲良くなりやすい。
ちなみにQちゃんとはカラオケ友達だし、Mえとは公民館友達だ。
「なんとやらしいやつだ」などと居酒屋の常連に誹謗中傷されることもあるが、
そのぐらい言われたって女子と仲良くできる方がうれしいに決まってる。

そもそもはパン好きのAりの話を聞いているだけだった。
彼女は中に何も入っていなくて、硬く歯ごたえのあるパンが好きなのだそうだ。
それで、身近なパン屋で硬いパンを買って、居酒屋で食べ比べをしたりしていた。
圧倒的ごはん派の私だが、そんなことをしているうちにパンが好きになってきた。
で、昼食にパンを食べる回数が増えてきたのだ。

今では安定期に入っている。
あちこちを買い歩くのではなく、Aりのお気に入りの店、私のなじみの店が決まり、
いろんなパンを買っては食べ比べている。
やはりチーズやらクルミやらレーズンやらが混じったパンも食べてみたい。


さて、ある日このいつもの居酒屋にAりのお友達がお客としてやってきた。
このお友達を気に入ってしまったのがⅩ氏だ。
そう、あの「Mえちゃん大好き、結婚して」と言っていたなよなよ男だ。
噂によると、そのお友達の席ににじり寄るような積極的行動に出たらしい。

このお友達、なんとパン屋さんに勤めている。
しかも、そのお店が私の家と会社の中間にあるのだ。
ただ、お友達であるはずのAりがこの店のパンが好きでない。
おいしくないのではなくて、あんぱんメインの具入りパンが多く、
具のないパンも柔らかいからなのだ。


それを聞いた私はこう考えた。
「よし、Ⅹ氏より先に仲良くなってやろう」
あれだけ「MえちゃんMえちゃん」と騒いでいて、そんな移り気があるか。
なにしろ、パン友達のAりの友達で私の通勤途中にお店があるのだ。
仲良くなれないはずがない。

幸い私は昼食が定まっていない。
魚肉ソーセージも切らしていたので都合がいい。
この日も徒歩出勤、5分ほど早く家を出て、そのパン屋に寄ることにした。

レジにはアニーのようにボーイッシュでかわいい女の人がいたが、
なんだか話に聞いていたのとイメージが違う。
名札も付けてなくて確認ができないから話しかけにくい。
ローテーションがあるかもしれないのでまた違う日に来てみよう。

それはいいとして、パンだ。
なんとうまそうなパンたちなのだ。
なにしろここのところ具のない硬いパンばかり夜に買っていた。
具がたっぷりで色鮮やかで柔らかそうなパンたちが、焼き立てでホカホカ並んでいる。

大好きなカレーパンをトレイに乗せた。
ずっしりとしている。
これ一個でおなか一杯になりそうなのに4個も買ってしまった。
翌日が祝日だから朝食にすればいいや。

そしたらちづるもパンをもらって帰ってきたというお話。






↑寿司食いたいクリックしてね。





カッチカチ
スポンサーサイト
昨日は寒かった。
急に寒かった。
だから、会社の人も運送屋さんも店の人も業者さんも常連さんも、
全員が「今日は寒い」を挨拶にしていた。

私の気温を測る基準は、徒歩で出勤した時の汗ばみ度だ。
『汗ばみ度』とはなんとなく気持ち悪い言葉だが、これが一番わかりやすい。
いつもはTシャツの上に長袖シャツで作業服なのだが、
昨日は作業服の下にベストを着ていった。
歩き始めは作業服の前を閉めていたが、途中で暖かくなって開けた。

先週はベスト無しでヤッケを来て家を出ると、コンビニあたりで暑くて脱いでいた。
ヤッケは風を遮ってくれるのだ。
昨日は風はなかったのでヤッケはカバンの中に潜ませておいた。
このように私は細かい温度調節をしながら歩いているのだ。


で、会社に着いた時。
先週までは一旦半袖Tシャツになって、爽快ウェットシートで体を拭いていた。
その後ラジオ体操をして長袖シャツを着、機械を拭いてからコーヒーを飲み、
作業服を着ていた。
それでスッキリって感じだった。

昨日は汗ばみ度が低かった。
一旦上の作業服とベストだけ脱いでラジオ体操。
汗を拭く必要はなかった。
やっぱり寒かったのだ。
こんなこと言わなくてもわかっていたけど。


さて、寒くなると寒いということ以外にも問題が起きてくる。
乾燥だ。
チョイと厚手の紙を包まずに置いておくと、見る見るうちに反り上がってくる。
乾燥しているのだ。

乾燥が始まると、私の手が人の手で無くなってくる。
つまり、スマホが反応しないのだ。
ちづるから電話がかかってきたとき、もちろん出ようと画面をスライドした。
が、どうにもならない。
私の指はスマホの表面のほこりをぬぐっただけだ。

呼び出し音が鳴っていて、私は出ようとしているのに受話器が取れない状態だ。
指を変えてもダメ。
母がレジ袋を開けるときのように指を舐めようかと思ったら、電話が切れた。
指同士をこすり合わせて、指先の汗ばみ度を上げたらやっと反応した。
ちづるに電話をかけ直そうとしたら、ラインで「もうええ」と来ていた。

音楽を聴くときもそうだ。
昼休みに寝るとき、この曲からこの曲まで聴けるな、と計算して音楽をかける。
が、反応しない。
何度かチャレンジし、汗ばみ度が上がって来たらやっと望んだ曲が聴けるようになる。

で、そのスマホをポケットに入れようとすると、突然違う曲が流れだす。
うっかり画面に触れてしまったのだ。
そのときは反応するのかい!





↑相撲の話を書きかけて話題を変えたので時間がないわいクリックしてね。






これも楽だな
私が住んでいる伊勢志摩は、海産物が豊富だ。
アワビ、真珠など高級品も有名だが、
的矢の牡蠣、安乗のフグなども地元では自慢の品なのだ。

海藻も良いものが採れる。
『青のり』として使われるあおさは生産量全国一だ。
海苔、ワカメも名物になっている。

地元で採れるということは、もらえることも多い。
ワカメは実家でもらったものを半年ぐらい食べている。
塩で水分を抜いたものを1キロももらったのだ。
あおさは同量のN岡の実家が扱っているし、
牡蠣やサザエもちょいちょいいただいている。


さて、これだけ地元の自慢の品を書き並べたが、
実はわざと書かなかったモノがある。
伊勢志摩といえばコレ、という代表格。
そう『伊勢エビ』だ。

生きてる


昨夜はこれをもらった。
なあに、こちらではちょくちょくもらうものだ。
なにしろ『伊勢エビ』なのだから。


うそ。
こんなものめったにもらえない。
伊勢の人間が伊勢エビばかり食べていると思ったら大間違いだ。
松阪の人がいつも松阪牛を食べているわけではないし、
鈴鹿の人はサーキットばかり走ったりしない。

昨夜の夕食はおでんとサラダ大豆、それにお総菜の豚のローストだった。
で、すっかり飲食の終わった9時ごろ、ちづるの弟さんがこれを届けてくれたのだ。
生きたまま食べるなら当日に限る。
ちづるには「明日はどうせ飲みに行くやろ」と言われた。
よし、夜食として食おう。

とはいえ、刺身にする腕もないし、焼くために縦割りにすることもできない。
大きな鍋に二匹を並べ手入れ、日本酒を掛けて蒸し焼きにした。

赤い

うひひ。

みそ~


ごちそうさまでした。





↑ゴミがたくさん出たけどクリックしてね。






むしろヒゲ
ウチの畑には三種類のダイコンが植わっている。
といっても品種が違うわけではなく、すべて同じ一番安い種のだ。
何が違うのかといえば、種を蒔いた時期が違うのだ。
だから、区別するために『第○期ダイコン』と呼び分けている。

第一期ダイコンは、とても早く蒔いた。
この夏、調子の悪かったピーマンが台風で倒れたのをチャンスと片づけてしまい。
例年にない早い季節に蒔くことができた。
おかげで早いうちからダイコンを食べることができるだろうと喜んでいた。

これがどうやら早すぎたようだ。
気温が高く雨続きだったため、虫害にあってしまった。
天気が良くならないので畑にも行かず放置していたら、葉がボロボロになっていた。
そのせいか、十分に太くなれなかったようだ。

第二期のものは良く育った。
今は立派な太さになり、葉も青々している。
ここだけ見れば、ダイコンは近来まれに見る大豊作のようだ。
そして、第三期はまだ成長途中だ。

ありがたいのは、第二期が一番多いということだ。
第一期と第三期は一畝ずつしか蒔いていないが、第二期は3畝ある。
そんなわけで、人にあげるのは第二期、ウチで食べるのは第一期のダイコンだ。
わが家では第一期の細いのを片づけてから、第二期のに移れるのだ。


だから必死でダイコンを消費している。
楽なのがおでんだ。
大きな鍋で一度にダイコンは3本を煮る。
それを数日かけて食べきったら次のおでんを作る。

しかし、先日おでんの谷間の日があった。
すでに夕食の時間で、その時間から炊いたのでは間に合わない。
そこで、気分を変えて大根サラダを作ることにした。
ダイコン一本を細い拍子木に切り、ツナを混ぜたオーロラソースをかけた。

ボールいっぱいの大根サラダ。
あと、残り物の茹でたサトイモが小ぶりのざるに一盛り。
メインディッシュはちづるが買ってきたお総菜のチキンだ。
で、これを全部食べた。

お腹はパンパン、体重はえらいことになっていた。
が、ここからは閲覧注意。
翌朝のことだ。

お腹が痛くなって目が覚めた。
で、トイレに行ったら、出た出た。
なにしろ食物繊維を山ほど摂ったのだ。
出勤までに三回トイレに行き、毎回ドッサリだ。

そのまま普通に昼食も夕食も食べたのだが、
お風呂の前に体重を測ったら、昨日より、ではなく、普段より1キロほど痩せていた。
しかも体はスッキリしていて、いつもより健康な気分だ。
これはひょっとして、痩せるチャンスの冬かもしれない。






↑そう言えば朝もめひび納豆食べてたからクリックしてね。





量も考えろ
ご心配をおかけしました。
ちづるの母が亡くなりました。
突然の事でしたが、あまり苦しむことも無く、年齢も年齢、順番も順番、
自分のことは自分ででき、食べたいものを食べ、友達もたくさんいて、
「楽往生や」と叔父さんは言っていました。


    ※


私もこの年だから、今まで何度も葬式には出席してきた。
しかし、今回は初めての主催者側となった。
ちづるの父は早くに亡くなっているので、喪主は長兄。
ほとんどのことは葬儀会社の人がやってくれるのだが、
三人兄弟夫婦でいろんなことを決めたりやったりしなくてはならない。


私に連絡が入ったのは、会社でお昼に魚肉ソーセージとパンを食べていた時。
とりあえず早引けさせてもらい、徒歩出勤してたので一旦帰宅して病院に向かった。
いろいろあって、お義母さんを自宅に連れて帰る。
私とちづるは役場に届けを出しに行った。

兄弟が集まり葬儀会社の人との打ち合わせが終ったのはもう夜になってからだった。
買ってきてもらった丼物での夕食は8時を過ぎていた。
遺影となる写真が弟のパソコンから発見されてとりあえず帰宅した。

翌朝は残り物のごはんを雑炊にして済ませ、ちづるの実家に行った。
湯かん納棺が終り、お昼前にいったん帰宅。
コンビニ弁当を食べて昼寝した。

夕方、出棺。
葬儀会館で仕出し弁当で早めの夕食。
お通夜。
この夜は泊りがけで夜伽だ。
夜にはちょっとビールを飲んだ。

翌朝は買ってきてもらったサンドイッチで朝食。
出棺。
火葬場で待ち時間にお寿司のお昼。
会館に戻って葬儀。

実家に戻って待っていると、葬儀社の人が来て祭壇を作ってくれた。
これで一段落だ。
自宅に帰って、精進落としの弁当で夕食だ。


ああ、この三日間、ダイコンを食べていない。
というより、冷蔵庫の食材がほとんど動いていない。
腕立て伏せもしていないし音楽も聴いてない。
それどころか、ブログ更新の連続記録が途切れてしまった。
これで再び記録に挑むか、ここからときどき休むようになるか、それは私次第。





↑また続けるつもりですんでクリックしてね。






描き方を忘れとる